木村花の猫は無事に生きてる?子猫が飼われた時期と名前や種類も調査!

5月23日、プロレスラーの木村花さんが亡くなりました。

花さんは【テラスハウス東京2019−2020】で起きたある事件での言動を巡り、SNSなどで激しく誹謗中傷を受けており、その事を苦に自ら命を絶ったのだと報道されています。

そして、その死因は『硫化水素によるもの』と。

自宅のドアに「有毒ガス発生中」の紙が貼られていたことも判明しています。

花さんは、亡くなる前のSNSに子猫との写真をアップしていましたが「あの子猫はどうなったのだろう?」と、心配する声がたくさんありました。

硫化水素を使ったのなら、一緒に死んでしまった可能性もあり心配です。

この記事では木村花さんが飼っていた

  • 子猫の安否
  • 子猫が飼われた時期
  • 子猫の種類となまえ

について書いています。

木村花の子猫は無事に生きている?

花さんが、自ら命を絶った際の死因が硫化水素によるものであれば、部屋中に有毒ガスが充満し、子猫の命も…と心配した方も多いでしょう。

花さんが可愛がっていた子猫は、無事でした!

良かった!生きていて良かったですね!

5月24日に、花さんが所属する「スターダム」の代表であるロッシー小川さんもTwitterを更新し、子猫の無事を伝えてくれています。

今はスターダムの寮で大切に保護されていますが、今後誰が飼うのかまでは決まっていないようです。

花さんは最後のSNSで

「愛してる。楽しく長生きしてね」と、子猫の幸せを願っていました。

急に花さんと会えなくなって、子猫も寂しいでしょう。またいっぱい愛してくれる飼い主さんに出会えるといいですね。

子猫はいつから花さんに飼われていた?

花さんは、保護猫譲渡活動をしているひなんちゅ(ガールズバンドSILENT SIREN)さんから子猫を譲り受けました。

5月23日、ひなんちゅさんが公開したブログによると

わたしはテラスハウスをみたことがなく(バンドの)メンバーがみた感想話を聞いてるのみでした。
(花さんと)同じ鍼灸に通っていたこともあり、縁あってそこの先生に紹介してもらいました。
そんなに深く付き合いがあったわけではないですが、先週、つい先週、うちから保護猫を引き取ってくれました。
引用:https://lineblog.me/

子猫を引き取ったのは、ゴールデンウィークも終わった5月中旬の頃のようです。

子猫が花さんと一緒にいられたのは、たった1週間ほどだったようです。

少ない時間ではありましたが、花さんのSNSを見ると本当に可愛がっていたことがよくわかりますね。

木村花の子猫のなまえと名付け親は誰?

子猫の名前は「からあげくん」といいます。

「からあげくん」という名前は、もちろん花さんが付けました。

このいきさつも、ひなんちゅさんのブログに書いてあります。

花さんは、この子猫に出会った瞬間に名前を決めたそうです。

この子丸くて茶色くてからあげみたいだねって、出逢った瞬間に決めてました

引用:https://lineblog.me/

丸くてコロンとしていて、フワフワの毛が揚げたてサクサク感もあるような…^^。

画像は ひなんちゅうさんのブログから引用

花さん、からあげくんに癒やされたこともたくさんあったでしょうね。

まだ22歳の若さだった花さん。

こんなに早く逝ってしまうなんて、残念としか言いようがありません。

木村花の子猫の種類は何?

花さんに子猫を譲ったひなんちゅさんの、2020年4月28日のツイートです。

からあげくんは、この日に保護された猫でした。

しっぽが短いので日本猫でしょう。毛の色や模様からは茶トラのようにも見えます。

日本猫に血統は存在しないため、ペットショップなどでは売られていません。

花さんのように、保護団体から譲り受けて飼うことが多いようです。

まとめ

今回は、5月23日亡くなった木村花さんが飼っていた子猫の安否と、花さんが子猫を飼うことになったきっかけや、子猫の名前についてまとめてみました。

花さんは硫化水素という猛毒ガスを部屋に充満させ、自らの命を絶ちました。飼っていた子猫の安否を心配するSNSの投稿もたくさんありましたが、子猫は無事に保護されています。

花さんは本当に子猫の事を大切に思っていたようで、一緒に連れて行くことはしませんでした。

子猫の名前はからあげくん。

画像からみて、日本猫の茶トラではないかと思われます。

日本猫には血統は存在しないため、保護猫の譲渡会などで譲り受け飼うことができます。

花さんも、保護猫譲渡活動をしているひなんちゅさんから、5月の中旬に譲り受けたばかりの子猫でした。

「愛してる。楽しく長生きしてね」と花さんが最後に願った通り、からあげくんが幸せになるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする