美女と野獣(アニメ映画)の日本語版吹替え声優は?キャラクター別に詳しく紹介!

こんにちは!takochiです♪

1991年に公開された、ディズニーの長編アニメーション映画『美女と野獣』。

公開されてから30年近く経っているにも関わらず、何度観ても感動する美しい映画です。

アニメーション映画史上、初めてアカデミー賞にノミネートされ、現在も世界中の人から愛され続けている作品ですね^^

日本語吹替えの声優さんたちの声もキャラクターにピッタリ合っていて、どんどん作品に引き込まれていってしまいます♪

今回は、この素晴らしい作品『美女と野獣』の、日本語吹替えをしている声優さんたちを、メインキャラクターを中心に、詳しく紹介していきます。

美女と野獣(アニメ映画)の日本語吹替え声優は?

ベル / 伊東恵里

この作品の主人公。発明家のモーリスの娘で、村で一番美しく、清らかな心を持つ読書好きの女性です。

ベルの声を吹替えしているのは伊東恵里さんです。

伊東恵里さんは、1980年11月16日生まれ。

神奈川県出身で、女優、声優、歌手として幅広く活動されている方です。

劇団四季に1年間在籍していたことがあり、ディズニー映画で、歌の部分の吹き替えを担当することが多く「ムーラン」や「メリー・ポピンズ」にも出演しています。

歌手として、映画やアニメだけでなく、ゲームソフトの『AZEL -パンツァードラグーン RPG-』 『パンツァードラグーン オルタ』のエンディングテーマを歌われていることでも有名です。

野獣 / 山寺宏一

村はずれの古城に住む野獣。本当はとても美しい王子なのですが、高慢な性格が災いして魔女の怒りを買い、醜い野獣にされてしまったのです。

魔法を解くには、魔法のバラの最後の花びらが散るまでに、心から人を愛し、愛されなければならないのですが…。

野獣の声を吹替えしているのは山寺宏一さん!

誰もが知っている、超スーパーレジェンド声優です!

映画やドラマの吹替えはもちろん、最近はバラエティ番組にも数多く出演していますよね。

ディズニー関連の吹替えも、とてもたくさん担当しています!

確かに、「スティッチもなんだぁ〜」と、びっくりしましたw

ガストン / 松本宰二

見た目はハンサムで、村の女性たちにもモテモテですが、何しろガサツ!!

知的な部分がこれっぽっちもありません。

ベルを一方的に好きになり勝手に結婚を夢見ますが、ベルからは嫌われています。

そのうち野獣に嫉妬心を抱くようになり、汚い陰謀を企てます。

ガストンの声を吹き替えているのは松本宰二さんという方で、本業はバリトン歌手なんです。

名古屋フィルハーモニー管弦楽団に所属し、オペラやクラシックをバンバン歌っているんですって(゚д゚)!

コンサート聴きに行ってみたいですね〜。

ルミエール / 江原正士(台詞)、若江準威知(歌)

魔女が王子にかけた魔法とともに、燭台と変えられてしまった給仕長。

人懐っこくて陽気で好奇心がとっても強い。

人をもてなすことが得意で、囚われの身となったベルを野獣には内緒で、最高のパフォーマンスと料理で歓迎してくれます。

ルミエールの声を担当するのは、声優の江原正士さんです。歌の部分は若江準威知さんという方が吹き替えています。

江原正士さんは神奈川県出身の声優さんで、俳優やナレーションなどもされています。

ウィル・スミスやエディ・マーフィー、トム・ハンクスの吹替えもしているのですが、2019年10月に公開されたウィル・スミス主演の「ジェミニマン」という映画では、山寺宏一さんと二人でウィル・スミスの声を吹替えたりもしています!

(若き日のウィルを山寺宏一さん、現在のウィルを江原正士さん)

江原正士さんはディズニーの作品にも数多く出演している、有名なベテラン声優です。

また、ルミエールの歌の部分を吹き替えた若江準威知さんは、舞台を中心に活動している俳優さんで、歌手でもあります。

劇団四季や東宝ミュージカルにも出演するなど実力派ですが、最近では結婚式の司会業もされています。

コグスワース / 熊倉一雄

コグスワースは王子の城の執事でしたが、魔女の呪いによって置き時計に変えられてしまいました。

とても生真面目で几帳面な性格で、野獣の機嫌をそこねないよう、常に気を使っています。

熊倉一雄さんは、1950年代から映画やドラマ・アニメの吹替えをされていた大御所です。

代表作は『名探偵ポアロ』のエルキュール・ポアロ。

『ゲゲゲの鬼太郎』では、オープニングの曲を歌っていましたし、目玉おやじの吹替えも担当していました。

2015年10月に88歳で亡くなっています。

ポット夫人 / 福田公子(台詞)、ポプラ(歌)

キッチンを取り仕切る料理人で、魔女の呪いによってティーポットに変えられてしまいました。ティーカップ姿のわんぱく息子、チップといつも一緒です。

チップに注いだお茶でベルを優しく歓迎するなど、世話好きで温かい心を持っています。

ベルと野獣の間に愛が芽生えるよう見守っている、優しいお母さん的な存在です。

ポット夫人の声は、福田公子さんが担当しています。歌の部分はポプラさんです。

福田公子さんは、兵庫県出身で宝塚歌劇団に所属していた女優さんです。

数多くの映画やテレビドラマにも出演されており、ディズニー作品では『王様の剣』のマダム・ミム役で出演しています。

チップ / 山口淳史

母親のポット夫人と一緒に、魔女の呪いでカップにされてしまったやんちゃな男の子。

カップの縁がちょっと欠けているのは、呪いを欠けられる前の人間の姿だったときに、前歯が抜けていたからです。

チップの声は山口淳史さんが吹替えています。

ジャングル・ブックのベビー・エレファントや、新くまのプーさんのルーなどの声も担当しています。

モーリス / あずさ欣平

モーリスは、ベルを男手ひとつで育てた優しい父親です。

村人からは変わり者と見られているのですが、愛する妻を亡くした喪失感や、母を知らずに育たなければならなかったベルへの罪悪感に今でもさいなまされているのです。

モーリスの吹替えはあずさ欣平さんです。

あずさ欣平さんは、1960年代から声優として活動していた大ベテランです。

TVアニメや洋画の吹替えなど、数多くの作品に出演しています。懐かしいところでは劇場版ルパン三世「カリオストロの城」で大司教の声を担当していました。

ル・フウ / 中丸新将

いつもガストンについて回り、ご機嫌をとっているお調子者の子分。

陽気で穏やかな憎めないワル。時には、ガストンの突発的な怒りを鎮める役割も果たしますが、あまりにも狂暴で冷酷なこととは無縁でいたいのが、彼の本音。

ル・フウの声は、中丸新将さんが担当しています。

中丸新将さんは俳優として数多くの作品に出演していますが、吹替えで出演をした作品は、この美女と野獣のル・フウだけなんです!

中丸さんはドラマには欠かせない名脇役ですよね^^

ワードローブ / 近藤高子(台詞)、白石圭美(歌)

ゴージャスな歌声の衣装係。

かつてはヨーロッパでも評判のオペラ歌手で、華やかな生活を送る歌姫でした。

しかし今では衣装だんす。装飾過剰なドレスをベルに着せるなど、彼女なりの方法でサポートしようと苦戦します。

ワードローブの声は近藤高子さん、歌の部分は白石圭美さんです。

近藤高子さんも1960年代から声優として活躍していた大ベテランです。

おそ松くん、パーマン、いなかっぺ大将、などの初期の作品から出演し、アルプスの少女ハイジやフランダースの犬などにも出演しています。

白石圭美さんか歌手として活動されているようですが、詳しい情報はありませんでした。

まとめ

今回は、アニメ映画版『美女と野獣の』日本語吹替え声優について、メインキャラクター別に紹介しました。

大ベテランから、現在も活躍されている著名な声優さんや俳優さんでアフレコされている作品なんですね!

アニメ映画版の『美女と野獣』が公開されたのは30年近くも前のことですが、今観ても美しい画像で感動してしまいます。

特に、ベルと野獣がホールでダンスをするシーンなど、とても立体的に描かれていて本当に素敵です。

アニメ版を観ると、実写版も観たくなってしまいますね…(*´ω`*)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする