スティーブンバトラーwikiプロフィールと戦績は?村田諒太とのリーチの差も調査!

こんにちは!takochiです♪

12月23日月曜日に、WBA世界ミドル級タイトルマッチが横浜アリーナで行われますね!!

2019年7月に世界王者奪還を果たした村田諒太選手(帝拳)が、スティーブンバトラー(主要4団体で世界ランク入り)との初防衛戦に挑みます!

この記事では、対戦相手スティーブンバトラー選手の

  • wikiプロフィール
  • 戦績
  • 村田選手とのリーチ差(体格差)

についてまとめてあります。

スティーブンバトラーwikiプロフィール

プロフィール

本名:スティーブンバトラー(Steven Butler)
生年月日:1995年09月02日 24歳(2019年12月現在)

国籍:カナダ
身長:182cm

階級     スーパーウェルター級→ミドル級

構え     オーソドックス

獲得タイトル

IBFスーパーウェルター級ユース王座
IBF北米スーパーウェルター級王座
WBCフランス語圏ミドル級王座
IBOインターナショナルスーパーウェルター級王座
WBCインターナショナルミドル級王座

スティーブン・バトラー選手は12歳の頃からボクシングを始めました。

16歳の頃「自分は何がしたいのか、人生において誰になりたいのか」と考えた結果、「ボクシングで世界チャンピオンになりたい、伝説になりたい」と思ったそうです。

それ以降、真剣にボクシングに打ち込むようになりました。

「〇〇になりたい」という夢は、誰でも子供の頃に抱く夢だと思いますが、

「伝説になりたい」と願うほどの強い思いを持つということは、やはりボクシングが心底好きだったのでしょうね。

バトラー選手はプロでの戦績はもちろんですが、アマチュアの戦績も豊富です。

アマチュア時代では『51勝4敗』(゚д゚)!

驚異的なレコードを誇っており、18歳で最年少カナダ王者になっています。

[quads id=2]

スティーブンバトラーの戦績

【戦歴】
2014/03/28 ○1RTKO ジャン・フランソワ・プルード(カナダ)
2014/05/22 ○4R判定 3-0(40-35、40-35、39-36) ルーディ・レネ(カナダ)
2014/06/13 ○1RKO ミカエル・マチュー(仏)
2014/08/22 ○2RTKO シルベスター・ウォルザック(ポーランド)
2014/09/27 ○2RTKO バーナード・フォリーア(仏)
2014/10/11 ○4RTKO バレリエス・ポドジャヒンス(ラトビア)
2014/11/07 ○1RKO ピーター・オルリック(ハンガリー)
2014/11/21 ○3R棄権 ウラジミール・リハ(チェコ)
2014/12/06 ○5RTKO ライズ・チャイビ(仏)
2015/01/31 ○6R判定 3-0(60-54、60-54、60-54) ルーカス・ヤニク(ポーランド)
2015/04/17 ○1RTKO クリスチャン・サンタ(ハンガリー)
2015/05/15 ○2RTKO フェリペ・デ・ラ・パス・テニエンテ(メキシコ)

■NABF北米ウェルター級ジュニア王座決定戦
2015/06/20 △8R判定 0-1(74-77、75-75、75-75) ハイメ・エレーラ(米)
※NABF北米ウェルター級ジュニア王座獲得失敗

2015/12/04 ○1RTKO テム・トゥオミネン(フィンランド)
2016/01/30 ○8R判定 3-0(78-72、78-72、79-71) アントニオ・ホフマン(独)

■IBFスーパーウェルター級ユース王座決定戦
2016/03/12 ○3RTKO スラダン・ジャンジャニン(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
※IBFスーパーウェルター級ユース王座獲得

■IBFスーパーウェルター級ユースタイトルマッチ
2016/05/13 ○9RTKO フェルディナンド・ピルツ(独)
※IBFスーパーウェルター級ユース王座防衛①(のちに返上)

2016/07/07 ○3RTKO ロブソン・アシス(ブラジル)

■IBF北米スーパーウェルター級王座決定戦
2016/10/22 ○1RTKO ジャンク・トロッター(カナダ)
※IBF北米スーパーウェルター級王座獲得

■IBF北米/NABA北米スーパーウェルター級王座決定戦
2017/01/28 ●7RTKO ブランドン・クック(カナダ)
※IBF北米スーパーウェルター級王座陥落
※NABA北米スーパーウェルター級王座獲得失敗

2017/06/17 ○2RKO ダミアン・ミーレビチク(ポーランド)
2017/10/27 ○8RTKO シルベリオ・オルティス(メキシコ)
2017/12/16 ○2RKO ラナルド・タイナー(米)
2018/02/10 ○1RKO ウリエル・ゴンサレス(メキシコ)

■IBOインターナショナルスーパーウェルター級王座決定戦
2018/03/31 ○10RTKO ハイメ・エレーラ(米)
※IBOインターナショナルスーパーウェルター級王座獲得

2018/06/23 ○7RTKO カーソン・ジョーンズ(米)

■WBCフランス語圏ミドル級王座決定戦
2018/10/06 ○3RTKO ヨルダン・バルミール(カナダ)
※WBCフランス語圏ミドル級王座獲得

2018/11/24 ○2RKO ヘスス・アントニオ・グティエレス(メキシコ)

■WBCインターナショナルミドル級王座決定戦
2019/05/02 ○10R判定 2-1(96-93、94-95、96-93) ビタリ・コピレンコ(ウクライナ)
※WBCインターナショナルミドル級王座獲得

2019/09/26 ○1RKO パウル・バレンスエラJr(メキシコ)

引用:http://fanblogs.jp/boxingmeikan/archive/2727/0

通算成績は『30戦28勝(24KO)1敗1分』です。

ほぼ負け無しです。しかも24KO!

スーパーウェルター級~ミドル級の中でも高KO率80%超えのハードパンチャー!

弾丸を次々放つようにパンチを繰り出すことから、ニックネームは

「BANG BANG(バンバン)」

全く油断できない相手です。

[quads id=2]

スティーブンバトラーと村田諒太のリーチ差(体格差)

村田選手は身長は183センチ。リーチは189センチです。

一方、スティーブンバトラー選手の身長は182センチでリーチは203センチ。

長!!!(゚д゚)!

単純計算で片手7センチも村田選手より長いですね。

動画を観ても、長い腕がムチのように撓ってパンチを繰り出します。

相手としては、思いがけない距離感で打たれてしまうのでしょう。

しかし、村田諒太選手のプレースタイルは、ガードを固め、前へ前へプレッシャーをかけていくスタイルです。

バトラー選手のフットワークに軽さがない場合、村田選手の攻撃が勝る可能性のほうが高いように思えます。

[quads id=2]

まとめ

今回は、12月23日月曜日に行われるWBA世界ミドル級タイトルマッチでの

村田諒太選手の対戦相手、スティーブンバトラー選手のプロフィールと戦績や、村田選手とのリーチ差(体格差)についてまとめてみました。

スティーブンバトラー選手は1995年09月02日生まれの 24歳。

これまでの戦績は30戦28勝(24KO)1敗1分、ほぼ負け無しでKO率80%超えのハードパンチャーです。

リーチも村田諒太選手より長く、長い腕がムチのように撓ってパンチを繰り出します。

相手としては、思いがけない距離感で打たれてしまうのでしょうね。

しかし、村田諒太選手のプレースタイルは、ガードを固め、前へ前へプレッシャーをかけていくスタイルです。

バトラー選手のフットワークに軽さがない場合、村田選手の攻撃が勝る可能性のほうが高いように思えます。

ぜひ、この防衛戦は村田選手の勝利で終わってほしいですね!

試合が楽しみです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする