濱田岳がラグビー部だった学校は?学歴とプレースタイルやポジションと実力も調査!

こんにちは!takochiです♪

濱田岳さんが、大泉洋さん主演の連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」(TBS系、日曜午後9時)の第9話(9月8日放送)にゲスト出演することが発表されましたね。

濱田さんは「アストロズ」「サイクロンズ」と三つどもえの優勝争いをしているチーム「ブレイブス」のスクラムハーフ・狩野伸太郎を演じ、パスでアストロズを苦しめるという役どころです。

auのCM英雄シリーズでは「金ちゃん」こと金太郎を演じいる、おちゃめな印象の濱田さんがラガーマンを演じるって、ちょっと以外でした。

全然大柄じゃないし、強そうなイメージも無いし、筋肉あるの?怪我しない?大丈夫?って心配になったtakochiですが、もともとラグビー部だったということで「あ、そうなの」とホッとしました。

で、どこの学校でラグビーしてたの?

だって、岳ちゃん子役の頃からずっとテレビ出てたし、そんな時間あったの?

と、気になり出したら止まりません。

今回は、濱田岳さんの

  • 芸歴
  • 学歴
  • ラグビー部での活動や実力

について調べてみました。

濱田岳のプロフィール

濱田岳(はまだがく)

生年月日:1988年6月28日生まれ (2019年9月現在31歳)

出身地:東京都 血液型:A型

身長:160cm

役名は狩野伸太郎。金八先生の元を巣立ってから、かれこれ何年でしょうね?

濱田岳の芸歴

濱田岳さんは、9歳の頃に芸能関係者にスカウトされ現在の事務所(スターダストプロモーション)に所属しました

お父さんと、東京ドームに野球を観に行った時に声を掛けられたそうです。

子役になるためのレッスン料はタダだから、という理由で芸能活動を開始しますが、岳さん的には「自分の意思でやりたいと言ったわけではない」ので、求められる表情を作るのがなかなか難しかったといいます。

1998年、ドラマ『ひとりぼっちの君に』でダウンタウンの浜田雅功演じる主人公と同居を始める少年、日比野雄大役でデビュー。

岳ちゃん可愛い♪浜ちゃんも若っ!!

乗り気ではなかった芸能活動ですが、このドラマをきっかけに「天才子役」と言われるようになり、その後映画やテレビドラマに数々出演しています。

濱田岳の学歴

濱田岳さんは、東京文京区にある獨協中学・高等学校に入学しました。

獨協中学・高等学校は私立の男子校で、ほとんどの部活を中・高一緒に練習するというスタイルをとっていて、そのため中学生は入部間もないころから高校生の指導のもと、高いレベルや知識に触れることが可能です。

濱田さんは、中学からそのまま獨協高校に進学したのですが、すぐに退学してるため、学歴は中学までです。

あらー、もったいない!どうして中退してしまったのでしょう?

濱田岳はいつラグビー部に所属していたの?

濱田岳さんは獨協中学に入学してすぐラグビー部に入り、どんどん夢中になっていきました

中学でラグビー部がある学校って、珍しいですよね?

現在でも、首都圏(東京・神奈川・埼玉)で18校しかありません。大会も、予選=本大会みたいな感じになるでしょうね。

獨協中学・高校ラグビー部の紹介欄には

「体が小さくても勇気があれば体の大きな相手をタックルで倒すことも可能。ラグビーは誰でも楽しめるスポーツです。」とあります。

濱田岳さんは小柄ですが、自分の意思で始めたラグビーに夢中になり、一時期芸能活動を休止するほど熱くのめり込んでいたそうです。

本当に、ラグビーが大好きなのでしょうね。

しかしそれなのに、濱田岳さんは中学から獨協高校に進学してすぐに、退学してしまったのです。

3年B組金八先生への出演

濱田岳さんが高校生へ進学してすぐに「3年B組金八先生」への出演依頼がありました。

芸能活動を休止していたとはいえ、天才子役の名は留まっていたわけではなかったのですね。

役者を続けるか、高校卒業までラグビーを続けるか…自分の意思で決めなければならない大きな選択です。

ラグビーも大好き!でも、「金八先生」への出演は、今後役者を続けていくなら絶対に逃したくないビッグチャンスです!

相当悩んだでしょうね。

実は、獨協高校は芸能活動一切禁止の学校なので、役者の道を選んだ場合は退学しなくてはならないのです。

どちらか、ひとつだけ。

そして岳さんは、役者を取ったのです。

あ〜辛い!!泣ける!(ToT)

濱田岳のラグビーの実力やポジションとプレースタイル

濱田さんのラグビーの実力や、当時のポジションやプレースタイルなど、大会記録や成績一覧などを探しまくったのですが、なにしろそう多くないラグビー部の、しかも中学の部活の情報なので全く見つけることが出来ませんでした。

何か情報が入り次第、追記します。

ノーサイド・ゲームでの撮影について濱田さんは、

「撮影だから多少緩めに当たるだろうという思いが心のどこかにあったのですが、いざ撮影が始まるとコンタクトは本気そのものだったので『お邪魔している』という緊張が一瞬で飛びました。真剣にやらないとけがをしますし、作品のためにもならないなと、グラウンドにいる皆さんの姿を見て気持ちが切り替わりました」

とコメントしています。

ドラマで、濱田さんの本気ラグビーが観れるのが楽しみですね!!

まとめ

今回は、「ノーサイド・ゲーム」(TBS系、日曜午後9時)の第9話(9月8日放送)にゲスト出演する濱田岳さんがラグビー部だった学校や、学歴とプレースタイルやポジションと実力について調べてみました。

9歳でスカウトされ、芸能活動を開始してから「天才子役」と言われ、多忙な日々を送っていた濱田岳さんは、獨協中学・高等学校に入学して自分の意思でラグビーを始めました。

ラグビーが大好きになり、熱くのめり込み一時は芸能活動を休止していました。

高校へ進学してもラグビーを続けたかったのでしょうが、同じ時期に「3年B組金八先生」への出演依頼が来ます。

獨協高等学校は、芸能活動は一切禁止の学校ですから役者を選べば、学校は辞めなければなりません。

ラグビーも大好き!でも、「金八先生」への出演は、今後役者を続けていくなら絶対に逃したくないビッグチャンスです!

どちらか、一つだけ。

そして岳さんは、役者を取ったのです。

濱田さんのラグビーの実力や、当時のポジションやプレースタイルなど、大会記録や成績一覧などを探しまくったのですが、なにしろそう多くないラグビーの、しかも中学の部活の情報なので全く見つけることが出来ませんでした。

しかし、濱田さんはドラマの撮影では「本気でプレーしなければ危険だったし、作品のためにもならない」と話しています。

「ノーサイド・ゲーム」(TBS系、日曜午後9時)の第9話(9月8日放送)での、濱田さんの本気のラグビーを見れるのが楽しみですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする