エディンソン・カバーニのwiki経歴や年俸は?プレースタイルと嫁や息子と娘も調査

こんにちは!takochiです♪

今回は、コパアメリカ2019、日本が戦うウルグアイ代表の注目選手、エディンソン・カバーニ選手の

  • プロフィール
  • 経歴や年俸
  • プレースタイル
  • 嫁や息子や娘はいるの?

について調査してみました!

エディンソン・カバーニのwikiプロフィール

エディンソン・ロベルト・カバーニ・ゴメス

生年月日:1987年2月14日 32歳

出身: サルト

身長:188㎝

体重: 78㎏

所属チーム:パリ サンジェルマン

同クラブ歴代最多得点記録保持者です。

[quads id=2]

エディソン・カバーニの経歴

ダヌービオでデビューし、同年には19歳ながらレギュラーとして13得点を記録。2007年1月31日、移籍期限最終日に移籍金500万ユーロ(約6億1500万円)パレルモに移籍しました

当初はインテルが獲得に乗り気でしたが、設定された移籍金50万ユーロが高すぎるとして獲得には至りませんでした。しかし、結果10倍の500万ユーロですからね。パレルモ頑張りましたよね。

USチッタ・ディ・パレルモ

2008-09シーズンはアマウリの移籍によりレギュラーとして3トップの中央や2トップでプレーし好調を維持、リーグ戦チームトップタイの14得点を記録。

2010年4月、パレルモと2014年6月まで契約を延長しました。

SSCナポリ

2010-11シーズン前に同じセリエAの古豪ナポリに500万ユーロでレンタル移籍(1600万ユーロでの買取りオプション付き)

移籍後はゴールを量産し続け、最終的にシーズン通して35試合に出場し26ゴールをあげ、自身は得点ランキング2位となった。この活躍もありシーズン終了後、ナポリは買取りオプションを行使し、完全移籍となりました。

2011-12シーズンもゴールを量産し続け、最終的にシーズン通して35試合に出場し23ゴールをあげ自身は得点ランキング3位。

2012-13シーズンは、29ゴールを挙げる活躍を見せ、初のセリエA得点王に輝いた。

パリ・サンジェルマン

その活躍から、レアル・マドリードやマンチェスター・シティ、チェルシー、ユヴェントスといった国内外の強豪が獲得に興味を示しましたが、6300万ユーロとも言われる高額な契約解除金に躊躇するクラブが多かったのです。

2013年7月16日、パリ・サンジェルマンはカバーニの獲得を発表!!( ゚Д゚)!!

契約は5年間で移籍金は6300万ユーロ(約77億)と推定され、背番号は9番です。

億が77個ですよ!!!どうやって用意したのか気になってきますねー^^

2016-17年シーズンは35得点を記録、リーグ優勝は逃したが、リーグ・アン得点王と最優秀選手賞を受賞しました。

現在、クラブ歴代最多得点記録を更新中です。

引用 Wikipedia

[quads id=2]

エディソン・カバーニの年俸

77億円の移籍金を支払ってでも獲得したかった選手への年俸って、一体おいくらくらいなのでしょう??

2014年の資料では年俸1000万ユーロ(12億3000万円)となっていましたが、まだまだ活躍し続けているので、それ以上になっているのは当然のこと。

現在、サンジェルマンからアトレティコ・マドリードへの移籍が噂されているカバーニ選手ですが、実はアトレティコ・マドリードが

『パリ・サンジェルマンからカバーニが受け取っているとされる1800万ユーロ(約22億円)の年俸は同クラブには高すぎる』ため、「ディエゴ・コスタ(FW)放出に成功したら移籍する」という条件付きでの合意になっているようなのです。

D・コスタ行方次第の移籍という込み入った話ですが、カバーニの年俸は5年で約2倍にもなっていたのです。

22億かぁ…宝くじ当たるより貰ってるんですねー。

[quads id=2]

エディンソン・カバーニのプレースタイル

今季はクラブでケガが多かったのですが、それでもリーグ・アン21試合で18ゴールを決めています。卓越した決定力の高さはもちろん、盟友スアレスとのコンビネーションも円熟の域に。今大会もウルグアイの攻撃をリードする存在です。

恵まれた体格やジャンプ力といった身体能力に加え、直接フリーキックを決めることができるキック精度や、スピード、パワー、90分間絶えず走り続けることができるスタミナ、そして相手ディフェンダーの隙を突きながらクロスやラストパスに合わせる嗅覚を兼ね備えた万能型のフォワードです。

32歳にして90分間も走り続けることができるだけで、もう神です( ´∀` )

[quads id=2]

エディソン・カバーニに嫁や息子と娘はいるの?

イケメンで、世界的にサッカーも上手いカバーニ選手の奥様やお子さんたちは、どんな方たちなのでしょう??と調べてみたら…。

2007年20歳で結婚し、妻との間に2児を儲けたものの、カバーニ選手自身の浮気が原因で2012年末に破局。離婚調停の結果、月に2万5000ユーロの慰謝料を支払うこととなってしまいました。

こんなにイケメンなサッカー選手ですから、世の女性たちが放っておくわけありませんが、そこは凛としててくれないと…残念です。

[quads id=2]

まとめ

今回は、コパアメリカ2019、日本が戦うウルグアイ代表の注目選手、エディンソン・カバーニ選手のプロフィール経歴や年俸、プレースタイルや嫁や息子や娘について調査してみました!

パリ サンジェルマン所属で、同クラブ歴代最多得点記録保持者のカバーニ選手。

19歳でプロデビューし、パリ・サンジェルマンとは約77億円の移籍金で契約し、現在の年俸は22億円と言われています。

恵まれた体格やジャンプ力といった身体能力に加え、直接フリーキックを決めることができるキック精度や、スピード、パワー、90分間絶えず走り続けることができるスタミナ、そして相手ディフェンダーの隙を突きながらクロスやラストパスに合わせる嗅覚を兼ね備えた万能型のフォワードにはふさわしい年俸なのかもしれません。

2007年20歳の時に結婚し2児をもうけましたが、残念ながらカバーニ選手本人の浮気が原因で離婚しています。

史上最高のストライカーが、どんな活躍をするのか楽しみですね^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

コパアメリカ2019のウルグアイ代表メンバーまとめ!注目選手や監督も紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする