カップヌードル「MISO味」の歴史は?カップデザイン画像と味の違いを調査!

2018年4月から、ミニサイズでのみ発売されていた

「カップヌードル味噌」が、

1年後の2019年4月より、レギュラーサイズでも

販売されることが決まりました。

カップヌードルのみそ味(通常サイズ)は過去2回発売された

ということですが、いずれもロングランで販売されることは無く

短命だったようです。

1971年、初めて世に出た最初のカップヌードル。

コンセプトは「国際性」であったため

「あえて和風味では攻めてこなかった」のですね。

では、過去2回発売された

味噌味のカップヌードルとは

一体、どんなものだったのでしょう?

同じカップヌードル味噌でも、時代を経て

3度目の発売となったので、過去のみそ味とは

はたしてどんなものだったのか

少し調べてみました。

初代カップヌードルMISO

1992年7月発売

ジェームス・ブラウンが「みそっぱ!!」「カニっぱ!!」

と歌ったCMが記憶の片隅にこびりついています。

‟カニのエキスでスッキリみそ味”

というキャッチフレーズでした。

CMも話題になり、まずまずの売れ行きだったようですが、

初代「MISO」は発売から数年後には生産を終了しています。

具は「スクランブルエッグやキャロット」となっていましたが、

レギュラーの味では多くの消費者に支持された

「カップヌードルらしさ」が、洋風テイストのみそ味では空回りしてしまった

のかもしれません。

[quads id=2]

2代目カップヌードルMISO

2006年11月発売

ポトフをイメージし、「野菜の旨味たっぷり」のオリジナルMISO(みそ)スープに、

ベーコン・ポテト・キャベツなどが入った、カップヌードルならではの洋風なMISO味

と、はっきりと洋風であることを打ち出しています。

さらに、この2代目カップヌードルMISOは

翌年2007年の10月に

「野菜の旨み」に「野菜の素材の香り」と「炒め野菜の風味」を加えるといった

より一層風味豊かにするというリニューアルまでしていたのです!

しかし残念なが、らこんなにも力を注いだ

2代目カップヌードルMISOは

3年後の2009年に製造終了となっています。

製造終了の背景となったのは、自社も含めた他の新商品との競合や

00年代はじめごろから、それまで年間数点だった新商品が猛烈に増えだしたことなど。

2代目MISOもそれなりに売れたものの、大量の新商品に埋もれる格好になって

しまったのですね。

[quads id=2]

3代目カップヌードル味噌

MISOは味噌と表示が漢字になりました。

純粋な和風味ではないようですが、従来の洋風スープから

みその感じを強めて、みそ汁やみそラーメンに意識を寄せてあるそうです。

味は3種類の味噌を使用したり、生姜やニンニクを利かせたことで、

濃厚かつすっきりとした味わいに仕上げたとのこと。

具は

  • 味付豚ミンチ(カップヌードルと言えばコレですね)
  • キャベツ
  • コーン
  • 人参
  • ねぎ

今回の「味噌」開発につながった理由はなんと「高齢化」。

そしてシニア層にフィットする味といえば、やはり「味噌」なのでしょうね。

日本人ならシニアでなくても、味噌味って何だかホッとする味ですものね。

[quads id=2]

まとめ

ただ一つの味噌味をとっても

いろいろな時代背景や、ニーズによって

せっかく開発、販売されても消えてしまうことが多々ある

食品業界。

今回、発売される「カップヌードル味噌」が

発売当初のコンセプトである「国際性」にもマッチし、

ゆくゆくはレギュラー入りすることを期待します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする