宮原博昭(学研社長)年収やwikiプロフィールと経歴は?役員報酬も調査!

こんにちは!takochiです♪

3月19日放送のカンブリア宮殿で、

最盛期には、年間1000億円を稼いだにもかかわらず、少子化とともに2009年には経営危機に陥る。それから10年経った今、なんと『学研』は売上1400億円にまでV字復活を果たす。今回の『カンブリア宮殿』では奇跡の復活劇に迫ります!

と題し、その手腕を紹介された宮原博昭社長。

一体、どんな凄い方なのでしょう?

現在、コロナウィルスの蔓延で小・中・高校までが自宅学習を強いられている中、学習教材販売や、インターネット学習教材を提供する企業の株価は右肩上がりとなっています。

まさに学研もそんな企業の一つですね!

今後学研の売上高は1400億どころじゃなくなるかもしれません。

今回は、学研の凄腕社長宮原博昭さんの

  • 年収
  • プロフィール
  • 経歴

についてまとめてみました!

宮原博昭 学研社長の年収

ご本人のプロフィールよりも先に年収を紹介するのはどうかと迷いましたが、そこは一般人が最も気になるところだと思いますですので、最優先で紹介しちゃいます^^

まず、会社四季報という上場企業の紹介サイトによりますと、

学研ホールディングスの特色は『学習参考書や児童書でトップ。買収で塾、教室を全国展開。高齢者・介護支援住宅、保育園も拡大』と紹介されています。

業績も2017年には10億2000万、2018年には10億7000万、そして2019年は14億!!!

どんどん業績を伸ばしています。

従業員の平均年齢は47才で、平均年収は932万円です。

では、役員の数と役員報酬はどうでしょう?

IRbankにより、学研HD役員報酬の推移(https://irbank.net/E00707/fee)が公開されていました。

2020年3月現在、こちらのサイトでわかるのは2018年9月期の情報ですが、

取締役6名に対する報酬総額は3300万円増額2億9200万円

と表記されていました。

単純に6人で分配するわけじゃないでしょうが、同じページに一人あたりの報酬額の推移も掲載されていました。

2018年9月期 一人あたり報酬額は前年と比較して+550万の4866万円です!!ヮ(゚д゚)ォ!

でもこの金額は2018年の売上が10億7000万の時の数字です。

2019年9月期は14億の売上ですから、さらに増額されていることは間違いありませんね!!

察するところ、6000万くらいでしょうかね〜。

税金、いくら払うんでしょうね…(;´д`)トホホ…。

宮原博昭 学研社長のプロフィール

名前:宮原博昭(みやはら ひろあき)

優しそうな方ですね^^

生年月日:1959年7月8日

年齢:60歳

出身:広島県

所属:株式会社 学研ホールディングス代表取締役社長

出身大学:防衛大学校

なんだかとても若々しいお顔なので、60歳には見えません。

防衛大学出身というのもびっくり(゚д゚)!

なかなか行ける大学じゃありません。そうとう成績優秀だったのでしょうね。

宮原博昭 学研社長の経歴

宮原 博昭社長は広島県の呉市出身です。

小学生の頃はスポーツが大の得意で、将来はスポーツの道に進もうと考えていたこもあったそうです。

野球選手になりたかったのかな…?とか勝手に想像しちゃいますね^^

宮原博昭さんのお父様は若い頃に海軍兵営学校を受け、最終的に不合格となってしまいその後医学部に進んだそうです。

(お父様も相当成績優秀!賢いのは遺伝ですかね。)

そんな父を超えたい!という思いと、出身が海上自衛隊の拠点にもなっている広島県呉市ということで、学生の頃は戦闘機乗りを目指したこともあったとか。

防衛大学校は幹部自衛官となることが目的のため、入校後は国家公務員として課業という名の業務を務めなくてはなりません。

国家公務員として働きながら学んでいるので学費は撤収されず、学生手当として「給与」が与えられるそうです。

へー!給料をいただきながら大学生生活を過ごせるなんて素敵!と安易に羨ましく思ってしまったtakochiですが、世の中そんなに甘くないようです。

訓練課程は想像を絶する程の忍耐力が必要であり、入校生のおおよそ半数の学生が耐えきれず退校していくそうです。

そんな辛い訓練も乗り越えた宮原博昭さんは1982年、無事に卒業されました。

学生の頃は卒業後に自衛隊へ入隊するつもりだったのでしょうが、実は当時防衛大学校の教授をしていた野中郁次郎氏(経営学者・一橋大学名誉教授)から4年間経営学を学んだことで、経営者を目指したいと考えるようになり、卒業後は「西本貿易会社」に就職します。

3年間、貿易会社で働きながら世界を観るうちに「自分の名がこの世に残る仕事に就きたい」「歴史に名を刻みたい」という想いが大きくなり、医療系か教育系か迷っていたのですが、たまたま『学研研究会(現在は学研ホールディングス)』の採用が決まったそうです。

運命ってあるんでしょうね。

入社当初は勤務地限定職という転勤のない職種で、学研教室の立ち上げに携わっていたようですが、その頃学研の経営は伸び悩んでおり、お給料も少なかったみたいですね。

大学時代に勉強したマネジメントの経験を活かし、2003年「学研教室事業部長」に就任を果たします。

その4年後の2009年「取締役」の役職を任されることになりました。

2010年12月から現在の「株式会社学研ホールディングス」代表取締役社長を務めています。

まとめ

今回は、学研ホールディングス社長の宮原博昭さんについて、年収やプロフィールと経歴を調べてみました。

誰もが知っている「学研」の社長ですから、その年収は一番関心があるところですが、公開されている資料によると、2018年9月期の報酬額が4866万円です!!ヮ(゚д゚)ォ!

でもこの金額は2018年の売上が10億7000万の時の数字です。

2019年9月期は14億の売上ですから、さらに増額されていることは間違いありませんね!!

察するところ、6000万くらいでしょうかね〜。

戦闘機に載る夢もあり防衛大学に入学した宮原博昭さんですが、4年間大学で経営学を学んだことによって経営者への道を選択します。

たまたま採用された学研で、凄腕手腕を発揮し社長に就任するまでになりました。

お父様も医学部を目指すほど優秀な方です。そのお父様を超えたい!と努力された結果、今の地位があるのでしょうね。

2020年3月現在、コロナウィルスの蔓延で小・中・高校までが自宅学習を強いられている中、学習教材販売やインターネット学習教材を提供する企業の株価は右肩上がりとなっています。

今後学研ホールディングスは、ますます業績を伸ばしていくのでしょうね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする