この世界の片隅に(アニメ)登場人物と声優は?主題歌やエンディング曲とあらすじも紹介

こんにちは!takochiです♪

2016年に公開された「この世界の片隅に」が、2019年8月3日(土)21時からNHK総合で放送されますね。

多くのファンと上映劇場の熱意に支えられ、封切りから1日も途絶えることなく900日以上も日本全国どこかの劇場で上映が続けられているこの作品が、8月3日についに地上波初放送されることになりました。

この作品は「日本アカデミー賞」の最優秀アニメーション作品賞、「アヌシー国際アニメーション映画祭」の優秀作品賞など、国内外で70以上の賞を受賞する大きな反響を呼んだアニメ映画です。

takochiは、松本穂香さんが主演したTBSのドラマ版しか見たことがなかったので、今回のアニメ版の放送をとても楽しみにしていました^^

そして、アニメ版といえば当然、誰が声を担当しているのかな?挿入歌や主題歌はどんな曲かな?と、いろいろ気になって来ましたので、調べてみることにしました!

この記事では

  • アニメ版この世界の片隅にの登場人物と声優
  • アニメ版この世界の片隅にの主題歌や挿入歌
  • アニメ版この世界の片隅にのあらすじ

について書いています。

アニメ版この世界の片隅にの登場人物と声優は誰が担当しているのか

アニメ映画の主演声優に初挑戦したのん(旧芸名 能年玲奈)

すずの柔らかなキャラクターと、のんの丸みのある声が見事にマッチし、その好演は「ほかには考えられない」とラブコールを送った片渕監督だけでなく、多くの観客に絶賛されました。

劇場公開時のインタビューでのんは、「ボーッとしているといわれる設定には共感しました(笑)」とすずについて語り、「トボけた感じも必要ですけど、すずさんの魅力でもある力強さ、しっかりした意志がちゃんと見えるようにと思いながら演じました」とこだわった部分を明かしている(2016年11月14日シネマトゥデイ掲載のインタビューより)。

すずの夫・北條周作役は、「ちはやふる」綿谷新役などの細谷佳正

すずの小学校の同級生・水原哲役は、「涼宮ハルヒの憂鬱」古泉一樹役などの小野大輔。

周作の姉・径子役は、元キャンディーズの“ミキちゃん”こと藤村美樹の娘で劇団青年座に所属する女優・尾身美詞

径子の娘・晴美役は、『アナと雪の女王』で幼いアナの日本語吹き替えを担当した稲葉菜月

周作の父・円太郎役は、ディズニーアニメや実写映画・ドラマの日本語吹き替え実績も豊富な牛山茂

周作の母・サン役は、「彼氏彼女の事情」芝姫つばさ役などで知られ、ナイロン100℃の劇団員である女優・声優の新谷真弓

すずの妹・すみ役は、「HUNTER×HUNTER」ゴン=フリークス役などの潘めぐみ。

すずの兄・要一役は大森夏向

すずの父・十郎役は、「∀ガンダム」フィル・アッカマン役などの小山剛志

すずの母・キセノ役は、劇団青年座に所属する女優・声優の津田真澄

すずの祖母・森田イト役は、『風の谷のナウシカ』大ババ役などの京田尚子

道に迷ったすずを助ける白木リン役は、「天才てれびくん」シリーズ(NHK教育テレビ)のてれび戦士としても活躍した女優・岩井七世が演じています。

引用 https://www.cinematoday.jp/news/N0110297

皆さん個性的な実力派ばかりで、登場人物をより魅力的にしています!!

[quads id=2]

アニメ版この世界の片隅にの主題歌や挿入歌は誰が歌っていてどんな曲なのか

この世界の片隅に アニメ版のサウンドトラックはコトリンゴさんというアーティストが担当しました。

コトリンゴさんは、大阪出身の41歳。バークレー音楽大学卒業の経歴を持つアーティストです。声がとても柔らかくて、この作品にぴったりですね!!

この世界の片隅に 主題歌

コトリンゴ「みぎてのうた」

この世界の片隅に エンディング

コトリンゴ「たんぽぽ」

この世界の片隅に 挿入歌

このアニメ作品中には、「ご飯の支度」「戦艦大和」「周作さん」など、全部で34曲もの曲が挿入されています。

昔懐かしい曲を、コトリンゴさんがアレンジしていていたり、コトリンゴさんの作った曲など全部で34曲もあります。

とっても素敵な曲ばかりで、じっくり聴いてみたくなりますよね^^

気になる方はこちらをタップ!↓↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

この世界の片隅に オリジナルサウンドトラック [ コトリンゴ ]
価格:2687円(税込、送料無料) (2019/8/3時点)

[quads id=2]

アニメ版この世界の片隅にのあらすじ(ネタバレ注意)

太平洋戦争中の1943年12月、18歳の浦野すずが見初められ嫁いだのは広島呉にある北條家

そこですずの新しい生活がはじまるのですが、不器用でいつもぼんやりしているように見えるすずは失敗を繰り広げては、小姑に小言を言われる毎日を過ごします。

戦時下であらゆるものが不足し配給もとぼしくなる一方、すずは持ち前のユーモアと生活の知恵で、食料にとぼしい日々を乗り切り、次第に北條家やその近所の人々に受け入れられていくのです。

やがて日本の戦況が劣勢になり、軍港の街である呉は1945年3月19日を境に、頻繁に空襲を受けるようになります

それでも明るく過ごそうとするすずですが、通常爆弾に混ぜて投下されていた時限爆弾の爆発により、目の前で晴美(可愛がっていた姪)を亡くし、自らも負傷により右手を失ってしまいます。

意識が戻ったすずは、晴美を守れなかったことを小姑に責められ、泣き崩れます。すずは人の死が日常となったこの世界に順応しつつある自分こそが歪んでいるのだという思いを抱くようになります。

同年7月の空襲で、すずの住む街は焼け野原となり、郊外にある北條家にも焼夷弾が落下しました。すずの家族は空襲だらけの呉を心配し広島の実家に帰ってくるように誘いますが、すずは煮え切りません。

一旦広島に変えることにし、汽車に乗る予定であった8月6日の朝、すずは小姑・径子と和解して北條家に残ることを決意するのですが、結果としてすずは、その日に広島市へと投下された原子爆弾による被爆を免れるのでした

8月15日、ラジオで終戦の詔勅を聞いたすずは、「一億玉砕の覚悟とは何だったのか」と怒って家を飛び出します。それまで正義の戦争と信じていたものの正体が、ただの暴力に過ぎなかったことに思い至ったすずは、「何も知らないまま死にたかった」と独白し泣き崩れるのです。

両親・兄・姪、たくさんのひとの死を目撃したすず。でも思い出すと、みんな笑顔だった。たくさん笑っていた。だから彼らを思い出すときは笑顔で思いだしてあげよう。

すずは、自分が「この世界でもう会えない人たちの記憶(笑顔)の器」として在り続けようという決意をします。

廃墟のようになった広島市内で、すずはこの世界の片隅で自分を見つけてくれた旦那・周作に感謝しながら、戦災孤児の少女を連れて呉の北條家に戻るのです

空襲に怯える必要がなくなった呉の夜には街の灯りが戻っていました。

見ず知らずの男性に嫁ぎ、赤の他人の家で嫁として働き、小姑にいじめられる…takochiなら耐えられずにあっという間に逃げ出すと思いますが、この時代の女性はこういった結婚や、自分の力ではどうすることもできない現実を受け入れ、強く生きていたのでしょうね。

[quads id=2]

まとめ

今回は、アニメ版の「この世界の片隅に」の、登場人物と声優や、主題歌やエンディング曲、挿入歌とあらすじについて調べてみました。

主人公のすずを演じる声優は、声優初挑戦ののんさん。以前能年玲奈さんの名前で活躍した女優さんです。

すずの周りの登場人物を演じる声優さんたちは、皆さん個性的な実力派ばかりで、登場人物をより魅力的にしています。

この世界の片隅にの作品中に流れる曲を担当したのは、コトリンゴさんという大阪出身のアーティストです。バークレー音楽大学を卒表した経歴をお持ちの方です。声が柔らかくて、この作品にピッタリの挿入歌をなんと34曲も作曲されていました。

主人公のすずは、見ず知らずの男性に嫁ぎ、赤の他人の家で嫁として働き小姑にいじめられるという毎日を過ごしながら、自分の力ではどうすることもできない現実を受け入れ、強く生きていきます。

この時代の女性は、こんなに過酷な人生を送ったにもかかわらず、強く前向きに生きた方が多いのですね。

8月10日(土)21時からは、片渕監督とMAPPA制作によるアニメーションを使った特集番組・NHKスペシャル「#あちこちのすずさん」も放送され、すずと同じ時代を生きた女性たちが紹介されます。

こちらも楽しみですね^^

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする