【エール】のモデル 古関裕而(こせきゆうじ)の経歴と代表曲は?妻(金子)役は誰?

こんにちは!takochiです♪

2020年春の朝ドラ「エール」。

昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而氏と

妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)さんをモデルに、音楽とともに生きた夫婦の物語です。

主演 窪田正孝

脚本 林宏司

古関裕而さんは、1964年に「東京オリンピックマーチ」

を作曲した方です。

まさに、再び東京オリンピックが開催される年の春に、ふさわしい主人公の朝ドラです。

takochiは高校野球ファンで(特に夏の大会が好き)

「栄冠は君に輝く」

を聴くと鳥肌が立ってしまうのですが、

この素晴らしい曲も、古関さんの作曲なんですね~。

今回は、古関裕而さんの

  • 経歴
  • 代表曲
  • 妻 金子さん
  • 金子さん(ヒロイン)を演じる女優さん

について調べてみました。

古関裕而(2020年朝ドラ主人公)の経歴

本名 古關 勇治

1909年8月11日~1989年8月18日(80歳没)

福島県福島市出身

旧制福島商業学校(現福島商業高等学校)に通いながら仙台に通い、

金須嘉之進に師事して、1929年、チェスター楽譜出版社募集の

作曲コンクールに入選、日本人として初めて国際的コンクールの

入選履歴を得た作曲家である。

気品ある格式高い曲風で知られ、現在でも数多くの作品が愛されている。

作曲の作業には楽器を一切使わずに頭の中だけで行ったといわれる。

出典 Wikipedia

1969年(昭和44年)、紫綬褒章受章

1979年(昭和54年)、勲三等瑞宝章を受章

2017年夏以降、出生地等で「野球殿堂」入りを応援する動きが活発になっています。

古関裕而(2020年朝ドラ主人公)の代表曲

1936年 阪神タイガースの歌(六甲颪

1948年 栄冠は君に輝く

1950年 別れのワルツ  採譜・編曲

1961年 モスラの歌

1963年 巨人軍の歌(闘魂こめて

1964年 オリンピックマーチ

1970年 アニメンタリー 決断

古関さんは、およそ5000曲もの作曲をされており、

戦前・戦中は主に軍歌を作曲。

戦後は映画音楽や応援歌、行進曲を手掛けていらっしゃいました。

のちには海上・陸上自衛隊の隊歌や、不二家、第一興商など

大手企業の社歌も作曲されています。

心を励ます曲が多いのですね。

古瀬裕而(2020年朝ドラ主人公)の妻、金子さん

古関 金子 (旧姓 内山)

1912年3月6日~1980年7月23日(68歳没)

古関さんには2歳年下の奥様がいらっしゃいました。

奥様は、声楽家であり、詩人でもあります。

金子さんが裕而さんにファンレターを送ったことがきっかけとなり

金子さん18歳、裕而さん20歳という若さでスピード結婚されました。

お二人の大恋愛を、窪田さんとどんな女優さんが演じるのかも楽しみです。

ヒロインのオーディションは、2019年3月から4月にかけて行われる模様です。

ヒロインが決定次第、追記していきたいと思います。

古関裕而(2020年朝ドラ主人公)の妻を演じる女優は?

追記

朝ドラ「エール」のヒロインは二階堂ふみさん(24)に決まりましたね!!

二階堂ふみさんは大河に出演した経験はありますが、朝ドラは初めて。しかも2808人が応募したヒロインオーディションを勝ち抜いて選ばれました。

「この作品が朝ドラでやるという情報を知った時から、この作品に携われたらいいなと思っていた。(オーディションに)合格したと聞いて嘘なんじゃないかと思って。窪田さん演じる裕一さんを1年間支えたい。」

と、会見で話した二階堂さんです。

どんな物語になるのか、今から楽しみですね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする