【箱根駅伝 2022】第98回箱根駅伝 結果について

正月の国民的行事「東京箱根間往復大学駅伝競走」が今年も1月2日〜1月3日の日程で開催されました。今年は、青山学院大学が2年ぶり6回目の総合優勝を果たしました。青学が往路・復路でともに大差をつけての完勝という形で幕を閉じましたが、本記事では、第98回箱根駅伝 結果を今大会唯一の初出場校である駿河台大学にも注目しながら振り返りたいと思います。

第98回 箱根駅伝本選の結果

総合記録

このように一覧にしてみると、2位のチームとも約10分の大差をつけて優勝した青山学院大学の総合力の高さがわかりますね!

大学名 記録
1位 青山学院大学 ◎  10時間43分42秒
2位 順天堂大学 10時間54分33秒
3位 駒沢大学 10時間54分57秒
4位 東洋大学 10時間54分59秒
5位 東京国際大学 10時間55分14秒
6位 中央大学 10時間55分44秒
7位 創価大学 10時間56分30秒
8位 國學院大學 10時間57分10秒
9位 帝京大学 10時間58分06秒
10位 法政大学 10時間58分46秒
11位 東海大学 10時間59分38秒
12位 神奈川大学 11時間00分00秒
13位 早稲田大学 11時間00分03秒
14位 明治大学 11時間00分28秒
15位 国士舘大学 11時間03分06秒
16位 中央学院大学 11時間07分33秒
17位 日本体育大学 11時間11分11秒
18位 山梨学院大学 11時間11分21秒
19位 駿河台大学 11時間13分42秒
20位 専修大学 11時間15分09秒
関東学生連合 11時間00分25秒

※10位までがシード権獲得、が新記録

区間賞

青山学院大学が総合優勝となっていますが、区間賞では他校の選手も目立ちます。

選手名 大学名 記録
1区 吉井 大和 中央大学 ◎  1時間00分40秒
2区 田澤  廉 駒澤大学 1時間06分13秒
3区 丹所  健 東京国際大学 1時間00分55秒
4区 嶋津 雄大 創価大学 1時間01分08秒
5区 細谷 翔馬 帝京大学 1時間10分33秒
6区 牧瀬 圭斗 順天堂大学 58分22秒
7区 岸本 大紀 青山学院大学 1時間02分39秒
8区 津田 将希 順天堂大学 1時間04分29秒
9区 中村 唯翔 青山学院大学 ◎  1時間07分15秒
10区 中倉 啓敦 青山学院大学 ◎  1時間07分50秒

が区間新記録です。

今大会注目されたチームは?

大会前、前回大会2位だった創価大学やヴィンセント選手・丹所選手を擁し、前評判の高かった東京国際大学などが注目を集めていましたよね。注目校の中でも、筆者が特に注目していたのが、徳本一善監督率いる「駿河台大学」でした!

駿河台大学・駅伝部って?

今大会で悲願の箱根駅伝初出場を果たした「駿河台大学」。今年の箱根駅伝 予選会を8位という成績で勝ち上がってきました。

駅伝部は創部から10年で、もちろん当初は無名校でした。創部当初から監督を務めているのが、現役時代は法政大学で「爆走王」の異名を持った徳本一善監督です。

駿河台大学はどのようにして強くなったか

高校へ選手の勧誘に行っても門前払いの毎日だったようですが、5年位かけてなんとか認めてもらえるようになったそう。しかし、部員が集まるようになっても、問題は山積みでした。パチンコへ行って練習に遅れる部員、寝坊する部員など個性的な部員が多かった中、粘り強く一人一人と対話して説得していったそうです。やはり、駅伝も他のスポーツもそうですが、小さい一つ一つの積み重ねが強くなる一番の秘訣なんですね!

まとめ

今回は第98回箱根駅伝についてまとめました!古豪の復活やまさかのシード権落ちしたチームなど、まさに戦国駅伝の様相だった本大会。来年の箱根駅伝ではどのようなドラマが生まれるのか、今からとても楽しみです。来年の箱根駅伝を心待ちにして、2022年の大学長距離界、駅伝界に注目していきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする