【2022年 新成人】次世代を担う注目のフィギュアスケーターたち

2022年1月10日 今年も成人の日を迎え、120万人が新成人となりました。多くの芸能人やスポーツ選手も成人を迎え、晴れ着姿をSNSをアップしたことで話題となりました。北京五輪フィギュアスケート男子日本代表の宇野昌磨選手との熱愛報道でも注目されている本田真凛選手も晴れ着の写真をインスタグラムにアップし、「可愛い!」「綺麗!」と多くのコメントが寄せられ、話題を呼んでいましたね。

今年はオリンピックイヤー!ということで、北京五輪開幕直前の今、2022年に新成人となった今後大注目のフィギュアスケート選手を男子・女子それぞれご紹介します。

島田高四郎選手(フィギュアスケート 男子)

フィギュアスケート 男子の新成人スケーターからは、島田高四郎選手!現在は、羽生結弦選手と同じ早稲田大学在学中です。ルックスの良さやポテンシャルの高さから、羽生選手の跡を継ぐのではないかと期待されている選手です。

来歴

島田選手は6歳でフィギュアスケートを始めると、その後小学校4年生の時に故郷・愛媛から岡山へ母親と引っ越しています。その理由はなんと、24時間営業のスケートリンクがあったからだそうです。すごい力の入れようですね!

恵まれた環境で練習に取り組んだ島田選手は早くから頭角を現し、小学生クラスの全日本ノービス選手権(Aクラス)で優勝、アジア選手権ノービスクラスでも優勝を勝ち取ります。ジュニアに上がってからも、2016年のアジアジュニア選手権で優勝、同年の日本ジュニア選手権で2位、さらにシニアの全日本選手権では7位という成績を残しました!

しかし2017年に左内転筋を断裂すると、その後は目立った成績を残せていません・・・。2021年の全日本選手権では10位に終わり、オリンピック内定を逃した島田選手ですが、実績は十分。この先の活躍に期待大です!

三浦璃来選手(フィギュアスケート 女子)

女子選手は、木原龍一選手とのペア部門でオリンピック初出場を決めた三浦璃来選手です。元々はシングル選手として活動をしていましたが、2015年にペア部門に転向。市橋翔哉選手とペアを結成すると、すぐに頭角を現します。

ペア転向後の主な戦歴・来歴

2015年 全日本ジュニア選手権 優勝

2016年 ババリアンオープン 7位(初の国際大会)

全日本ジュニア選手権 2連覇

2019年 市橋翔哉選手とペア解消/木原龍一選手とペア結成

グランプリシリーズNHK杯 5位

全日本選手権 優勝

2021年 スケートアメリカ 2位

NHK杯 3位

全日本選手権 優勝

木原龍一選手とのペアは「りくりゅう」ペアの愛称でも知られ、ここまで世界の中で存在感を示してきました。その実績が評価されたことで、今回北京オリンピック代表に内定しました!北京でのメダルが期待されるりくりゅうペアに注目しながら、オリンピックをチェックしましょう!

まとめ

以上、2022年に新成人となった次世代を担う注目のフィギュアスケーターたちでした。今後の島田選手、三浦選手の活躍に期待です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする