Apex Legends|操作が難しいFPSなのに、なぜここまで大人気になったのか

Apex Legends|操作が難しいFPSなのに、なぜここまで大人気になったのか

『エルデレンリング』や『ゴーストワイヤー東京評価』など、各ジャンルの注目新作ゲームが続々と発売されている2022年。操作が難しく、面白いと感じるにはしっかりと練習が必要のFPS(一人称視点シューティング)は、日本で流行りにくかったジャンルの1つです。それにも関わらず、『Apex Legends』は今日本で最も人気のタイトルと言えます。

では、一体どうして『Apex Legends』が日本でここまで人気タイトルとなったのでしょう?今回は、そのヒミツに迫ります!

『Apex Legends』の歴史

『Apex Legends』は、エレクトロニック・アーツのバトルロワイヤルFPSとして、2019年2月にサービスを開始しました。その時期には、『Fortnite』の人気が大きく伸びていた時期でしたが、世界的有名なストリーマーたちが『Apex Legends』を配信したことで、注目を集めました。

世界的には最初期が一番流行っていた『Apex Legends』ですが、その後はチータープレイヤーの数が増加したために、欧米を中心に多くのプレイヤーが去っていきました。

日本で大人気の3つの理由

世界的には『Apex Legends』ブームは落ち着いていますが、日本ではまだまだ凄まじい人気ゲームです。その理由をいくつか見てみましょう。

基本プレイ無料と対応機種

「無料プレイができるタイトル」ということだけではなく、若いゲーマーがモバイルゲームに慣れていることが影響したと思われます。さらに、日本のゲーマーたちは他国のプレイヤーと比べて、ゲーミングPCよりもコンソール機器を好んでいるため、プレイステーション4、Xbox OneとNintendo スイッチに対応していることが、すんなり始めやすく、爆発的な人気に繋がっているのでしょう。

初心者に優しいゲームシステム

初心者が入りやすいゲームシステムのタイトルは、人気になりやすいです。『Apex Legends』のレジェンド(Apexのキャラ)の耐久力は、他のバトロワよりも大幅に高いため、一発で「溶かされる」(倒される)ことはないため「死ににくい」です。1人で勝ち抜くのではなく、3人でのチーム戦ということと、FPSのハードルを高くしていた「狙いをつける難しさ」が緩和されたことでプレイしやすいシステムとなっています。

ストリーマーやインフルエンサーの影響

日本で人気を博したもう一つの理由は、ストリーマーやインフルエンサーの影響です。例えば、エーペックスキャラに似ている有名歌手の青山テルマがコスプレを披露し、『Apex Legends』を盛り上げてくれました。また、ランクポイント世界上位750位以内をキープしているVtuber・渋谷ハルの『Apex Legends』ランクマッチをプレイしている配信は、平日の昼間でも1万人近くの視聴者がいます。人気YouTuberが新レジェンドや攻略ヒントの『Apex Legends』内容の動画をアップしてくれることも、人気に繋がっていると思います。

最後に

今回は、どうして『Apex Legends』が日本で偉大な人気があるのかをまとめてみました。2022年5月18日に『Apexモバイル』もサービス開始され、まだ日本で盛り上がりを見せてくれそうです。モバイル版はiOSとAndroidに対応しておりますので、Apexをまだプレイしたことがないという方は、モバイル版から始めてみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする