友永翔太のトライアウト結果は?なぜ現役を続けたいのか理由と今後の仕事や結婚は?

こんにちは!takochiです。

2019年12月30日に放送される「プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男たち」で、友永翔太選手の密着ドキュメンタリーが放送されます。

友永翔太選手といえば、2014年のドラフトで3位指名で入団し、背番号1をもらった方です!

takochiは、それほど野球に詳しくありませんが、新人でいきなり背番号1って、凄いなー!って関心した記憶があります。

とても期待されていた選手のはずなのに、たった5年で戦力外とは残念で仕方ありません。

でも、まだ現役続行にこだわる友永選手は、全球団参加のトライアウトに挑みました。

結果は…?

この記事では友永翔太選手の

  • トライアウトの結果
  • 現役続行にこだわるのはなぜか
  • 今後の仕事や結婚

についてまとめてあります。

友永翔太選手か挑戦したトライアウトの結果は?

2019年の12球団合同トライアウトは11月12日に大阪で行われ、43人が挑戦しました。

友永選手はバッターとして4人の投手と対戦しました。

もちろんトライアウトですから、打撃力だけでなく走塁や守備など持てる力をフルアピールしなくてはなりません!

緊張したでしょうねー。

最初の打席…初球を見逃して2球目、全力疾走を見せるもファーストゴロ。

第2打席は空振り三振、

第3打席はレフトフライ…。

なんとしてもアピールしたい最終打席は…初球を空振り、2球目をファール。

そして、5球目…、バットは折れ無念のファーストゴロ。

結果、4打数ノーヒットでトライアウトを終えました。

球団はこのトライアウトから5日以内に、興味を示した選手に連絡することになっているのですが、友永翔太選手のところへ球団からの連絡はありませんでした。

今後のことは、今は考えられていないですけど、やっぱり結果も結果なので受けとめて、信じて連絡を待つしかないですし、きょうがユニフォーム姿最後になるかもしれないし、そういうものは自分で噛みしめて連絡を待ちます。

引用:https://www.fnn.jp/posts/00048966HDK/201911300940_THK_HDK

そう語っていた友永選手は、これで諦めること無く「ワールドトライアウト」にも挑戦しました!

ワールドトライアウトとは、11月30日に神宮球場で行われた、世界を視野に入れたトライアウトです。

民間企業のWorld Tryout社が、次のステージを目指す元プロや独立リーグ、アマチュアなどの野球選手を集めて実施した“公開オーディション”で、「再チャレンジのシンボル」として、イベントの監督に清原和博氏を起用したことでも話題となりましたね!

海外に挑戦する日本人選手、そして日本でのプレーを希望する外国人選手のための橋渡しとして開催されたのですが、今回はメジャー5球団のスカウトが来場したと伝えられた一方で、NPB球団の編成担当はゼロでした(T_T)

この企画は今回が初めてだったため、なかなか難しい課題もあったようですが、活躍の場は日本だけじゃない!という視点が素晴らしいですよね^^

このワールドトライアウトで、友永翔太選手は4打点を上げましたがその後の結果については、ワールドトライアウト公式サイトでも、まだ発表がありません。

情報が入り次第、追記しますね。

[quads id=2]

友永翔太wikiプロフィール

友永翔太

生年月日:1991年4月1日 28歳(2019.12現在)

出身地:神奈川県秦野市

身長:170cm

体重:76kg

お父様は俳優の内田潤一郎さんです。

プロ野球選手としては身長は高くありませんが、足が早く50mは5秒8、遠投は120mの強肩です。

中学時代は「秦野リトルシニア」に所属。

高校は東海大相模でしたが甲子園への出場経験はありません。

国際武道大学を卒業後、2013年に日本通運へ入社し社会人野球で活躍します。

2014年10月29日時点での社会人通算は110打数33安打、打率.300!

落合博満氏がその才能に惚れ込み、背番号「1」を与え、将来中日を背負って立つ外野手として期待されていたのです。

[quads id=2]

友永翔太選手が現役続行にこだわる理由

友永選手は野球の名門・東海大相模でプレー。

その後、プロを夢見て大学に進学するなど金銭面の負担が大きい中、母親の美樹さんは息子に野球を続けさせるために大分に住む自分の父親に頭を下げました。

美樹さんの父・豊次さんは“孫の学費を援助する”と快諾。

これまで支えてくれた家族の為にも、野球を諦めるわけにはいかなかったのです。

引用:https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/12/29/kiji/20191227s00001173092000c.html

心配をかけ続けたお母さんを喜ばせたい、そして、体調を崩している祖父に元気になってもらいたい…。

野球が大好きだという気持ちもあるでしょうが、自分のことより家族のための野球なんですね。

残念ながら「お前がカムバックしてくれたら、オレ(の病気)も良くなる」と言って応援してくれていた祖父の豊次さんが、11月3日肺炎で亡くなってしまいました。

トライアウト6日前のことです。

[quads id=2]

友永翔太選手の今後

友永翔太選手のワールドトライアウトの結果がまだ不明なので、はっきりした答えは、まだわかりません。

また、現在お付き合いしている女性がいるかどうかの記事も見当たりませんでした。

野球をやめるという選択肢は今じゃなくてもいいですよね?おそらく「どんな形で野球を続けていくか」を考えている途中なのでしょう。

その先にあるのが「今後の勤め先(仕事)」なのでしょうし、結婚も、たとえ今お付き合いしている方がいたとしても、自分がどう生きていきたいかを決めてからになるでしょうね^^

もしかしたら、「戦力外通告」の番組のなかで何か明らかになるのかもしれません。

[quads id=2]

まとめ

今回は、「プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男たち」で密着取材された友永翔太選手の、トライアウトの結果、現役続行にこだわるのはなぜか、今後の仕事や結婚についてまとめてみました。

11月12日に行われた12球団合同トライアウトでは、思うような結果が出せませんでした。

その後、11月30日に行われたワールドトライアウトにも参加し、4打点を上げ活躍しましたが、その後の結果についてはワールドトライアウト公式サイトでも、まだ発表がありません。

何か情報が入り次第追記します。

友永翔太選手は1991年4月1日生まれ。プロ野球選手として170cmの身長はあまり高くありませんが、50m5.8秒という足の速さが自慢です。

遠投も120mと強肩。まだまだ野球を諦めるには早すぎます!

どういう形で野球を続けるのか

自分がどう生きて行きたいか

をしっかり決めたら、その先に今後の勤め先や結婚も見えてくるでしょうね^^

友永翔太選手を応援しています!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする