コリ・ガウフのプレースタイルや戦績は?wikiプロフィールとランキングも紹介!

こんにちは!takochiです♪

全米オープンテニス2019も3回戦となりました。

今回は、大坂なおみ選手と3回戦で戦うコリ・ガウフ選手について

  • プロフィール
  • ランキングや戦績
  • プレースタイル

をまとめてみました。

コリ・ガウフのwikiプロフィール

この投稿をInstagramで見る

Jusqu’à la prochaine fois…

Coco Gauffさん(@cocogauff)がシェアした投稿 –

コリ・ガウフ

生年月日:2004年3月13日(2019年8月現在 15歳)

国籍:アメリカ

出身:ジョージア州アトランタ

身長:176cm

利き腕:右

バックハンド:両手

7歳から本格的にテニスを始め、その後テニスの環境が整っているフロリダ州デルレイビーチに移住しています

父親のコーリーはアメリカの大学リーグレギュラーを張ったでバスケットボール選手、母親のキャンディは陸上と体操で活躍。

父コーリーは2019年現在もコリのヘッドコーチを務めています。

[quads id=2]

コリ・ガウフのランキングと戦績

コリの世界ランキングは現在140位です

2109年2月の時点では、まだ450位台でした。

彼女は2017年、13歳のときにUSオープン・ジュニアで史上最年少の決勝進出者となることで最初の注目を集め、14歳で全仏オープンのジュニアの部でチャンピオンとなっています。

プロデビューは2018年5月、フロリダで行われたITF女子サーキット2.5万ドルの大会でITFデビューし、同大会でプロとして初勝利を挙げました。

2019年のウインブルドンでは、15歳3ヶ月という若さで予選の3戦全てをストレート勝ちし、本戦に出場を決めました。

さらに本戦では、4回戦まで勝ち進み、注目の的となった選手です。

今回の全米オープンテニスには、WC(主催者推薦)で参戦し、快進撃を続けています。

大坂なおみ選手とコリはまだ対戦したことはありませんが、2年前のマイアミ・オープン(Miami Open 2017)でコリは大坂選手のの練習相手を務めた経験があります。

その時のことを聞かれたコリは、「あれは、すごくクールだった」「コートにボールは返せたけど、とても緊張した。」と話しています。

シーズン別成績

シーズン 出場試合 優勝 全豪 全仏 全英 全米
2019 35 23 12 0 予選 4回戦
2018 28 21 7 1 予選
2017 6 5 1 0

https://sportsnavi.ht.kyodo-d.jp/tennis/player/373352/detail/

[quads id=2]

コリ・ガウフのプレースタイル

ディフェンスと攻撃のバランスが良く、とにかく粘り強い!

まだ若いせいかプレーが荒削りな面は否めませんが、ショットが多彩で、ショートクロスなど難しいコースへ打つのも上手ですね。

ウィンブルドンではバックハンドスライス(バウンドが低くなり扱いが難しい)を巧みに使っていました。

ディフェンスでも粘り強くボールを拾いまくり、チャンスをしっかり待って着実にポイントに繋げていくプレースタイルです。

手足が長い利点を活かし「こりゃ無理だろう!」というボールも、どんどん返す印象があります。

☆2019年ウインブルドン3回戦でコリが見せた、粘り勝ちとも言える逆転劇です!

あ〜もう、15歳とは思えない貫禄ですね!

[quads id=2]

まとめ

今回は、全米オープンテニス2019の3回戦で、大坂なおみ選手と戦うコリ・ガウフ選手についてプロフィールとランキングや戦績、プレースタイルをまとめてみました。

2004年3月にアメリカジョージア州で生まれたコリ・ガウフは、7歳で本格的にテニスをはじめました。

2019年2月のランキングは450位台でしたが、7月のウインブルドンでの4回戦進出などもあり、現在のランキングは140位です。

コリのプレースタイルは、とにかく粘り強いディフェンスと、荒削りではあるけれど多彩なショットを使いチャンスをしっかり待って着実にポイントに繋げていくプレースタイルです。

大坂なおみ選手との対戦は初となりますが、どんなプレーを見せてくれるか楽しみですね^^

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする