ブラッドリー・クランのランキングや戦績は?プレースタイルやプロフィールも紹介!

こんにちは!takochi です♪

錦織圭選手が全米オープンテニス2019で二回戦に進出しました。

対戦相手となるのは、アメリカのブラッドリー・クラン選手です。

両者は初の対戦となりますが、クラン選手はどんな選手なのかまとめてみました。

この記事では、ブラッドリー・クラン選手の

  • 現在のランキング
  • これまでの戦績や経歴
  • プレースタイル

について書いてあります。

ブラッドリークラン選手のwikiプロフィール

この投稿をInstagramで見る

Doubled the fun in 🇨🇦! 🏆🏆

Bradley Klahnさん(@bradleyklahn)がシェアした投稿 –

ブラッドリー・クラン

生年月日:1990年8月20日(2019年8月現在 29歳)

出身:アメリカ合衆国

身長:183cm

体重:75kg

利き手:左  (゚д゚)!インスタの左腕の太さが半端ない!!

バックハンド:両手

プロ転向:2012年

クラン選手は11歳から母親の影響でテニスを始め、アメリカの大学テニスを経て2012年にプロ入りしました。

大学時代はNCAA(全米大学体育協会)のチャンピオンになっています。

[quads id=2]

ブラッドリー・クラン選手の現在のランキングと経歴

ブラッドリー・クラン選手の現在の世界ランキングは116位です。

クラン選手は大学テニスを経て2012年、21歳でプロに転向しました。

プロ入りしたシーズンの2012年には全米オープンにWCで出場し、いきなり1回戦を突破するなど、順調に成績を残していきました。

2014年には63位まで上昇していたランキングでしたが、2015年2月から2016年11月まで背中の手術のためにツアー欠場を強いられていました。

2度の手術をするほど非常に大きな怪我になり、クラン選手本人も一時は引退を考えたようです。

2年近くのツアー離脱のためポイントが0になり、ランキングは圏外となりましたが、2017年には1年間で855位から214位まで上昇。

2018年には2つのチャレンジャーでタイトルを獲得し、ウィンブルドンでも1回戦を突破する活躍をみせ、その結果8月には4年ぶりにランキングトップ100へ復帰を果たしました。

[quads id=2]

ブラッドリー・クラン選手の戦績

クラン選手は、シングルスでのキャリアタイトルはまだありません。

グランドスラムの最高成績は2回戦。

全米とウィンブルドンで1回戦突破の経験があり、全米では2回あります。

マスターズの最高成績は3大会(カナダ・シンシナティ・上海)で2回戦ですが、この2回戦進出は全て2018年シーズンに記録したもので、全て予選からの勝ち上がりです。

怪我を克服し、2年がかりでじわじわと実力を上げて来ているようですね。

[quads id=2]

ブラッドリー・クラン選手のプレースタイル

クラン選手のプレースタイルはバランス型ベースライナーです。

フォアとサーブが強力ですが、サーブはスピードより精度重視で、左利きを生かしたスライスサーブも得意です。

フォアは深いところへ入るショットが得意、バックはスライスを使うことが多いようです。

[quads id=2]

まとめ

今回は、全米オープンテニス2019の二回戦で錦織圭選手と対戦するブラッドリー・クラン選手について、プロフィールやランキングと経歴、戦績とランキングについてまとめてみました。

11歳からテニスを始め、大学テニスを経て21歳でプロへ転向。

プロ入りしたシーズンの2012年には全米オープンにWCで出場し、いきなり1回戦を突破するなど、順調に成績を残していきましたが、2014年から2年間は怪我のためツアー離脱となりました。

2014年には63位まで上がっていたランキングも、二年間の欠場のため一時はランク外となりましたが、2018年には再び100位以内へ復活しています。

こうした経緯の中、ジングルスのキャリアタイトルは無いものの、2017年、2018年と予選から勝ち上がり2018年の全米オープンテニスでは2回戦進出。

そして今年も2回戦と、じわじわと実力をつけてきています。

錦織圭選手との対戦が楽しみですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする