箱根駅伝2020のシューズにグリーンとオレンジが登場!ナイキEKIDEN PACKとは?

こんにちは!takochiです♪

昨今、マラソンや駅伝など長距離選手がこぞってピンクのナイキのシューズを履いていることが話題となっていますね!

takochiもテレビ中継を観ていて、選手たちの足元がほぼピンク色なのに目が釘付けになりました^^

シューズのテクノロジーに加え、ショッキングビンクという斬新な色もあってか、ランナーたちの足取りがとても軽く感じられます。

2019年10月に行われた箱根駅伝の予選会でも、このシューズを履いて走っている選手がたくさんいましたね。

で、takochiがその時ふと思ったのです。

「都会の町中を走るにはかっこいいけど…箱根の山ん中を走るんじゃ違和感ないか?」

もちろんtakochiは、マラソンや駅伝に関してはド素人ですし、ましてや選手たちが選ぶシューズに関して物申す立場ではありません。

ただ、漠然とそんな感想を持ったのです。

しかし、そういった細かいこともナイキさんはしっかり考えているんですね。

さすがです!

今回の箱根駅伝2020で、選手たちが履いているグリーンとオレンジのシューズ。

これも実は、ナイキの“ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%(ZOOMX VAPORFLY NEXT%)”

お値段は¥30250円(税込)です。

今回は、このピンクじゃない“ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%”

について紹介していきたいと思います!

第96回箱根駅伝用モデルEKIDEN PACK

ナイキは「第96回箱根駅伝」のランナーをテーマに、ランナーが駆け抜ける日本の山岳風景からインスピレーションを得てシューズやウエアを制作し「EKIDEN PACK」として発売しました。

シューズはレース本番からトレーニングで着用するモデルまで幅広くカバーされています。

発売日は2019年12月3日

今回は、シューズについて詳しく紹介していきますね!

ちなみに、ピンクのズームX ヴェイパーフライ ネクスト%が発売されたのは、MGCが開催された当日の2019年9月15日でした。

MGCでは出場した30人16名が、そして男子の1〜3位の選手が、この「ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」を履いていました。

そんな圧倒的な結果を見せつけられたら、1秒でも早く走りたいランナーなら絶対に欲しくなりますって。

これも販売戦略というやつですね^^

その後の出雲、全日本と大学駅伝でもピンクのズームX ヴェイパーフライ ネクスト%のシェア率は高いままでした。

ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% EKIDEN PACK

シューズのキーモデルとなるナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%は、エメラルドグリーンとオレンジの目立つカラーが配色され、シューズの左右でカラーが異なるアシンメトリーデザインになっています。

この配色、素敵ですね!

箱根の山中を走っていても全く違和感ないのに、エメラルドグリーンもオレンジも、ちゃんと自己主張しています!

アシンメトリーデザインっていうのも、なんだかお得感がありますねw

キーモデルであり駅伝ランナーがレース本番で着用する『ヴェイパーフライ ネクスト%』。

アッパーに採用された『ヴェイパーウィーブ』は、汗や雨などの水分の吸収を抑えることができ、走っている間も通気性良く乾いた状態を維持します。

さらに、足の繊細な部分への圧迫を防ぐため、シューレースは少し中心からずれた位置に配置されています。

ミッドソールは、多くのナイキのエリートランナーの意見を元に、シューズの重量はそのままにフォームを15%増量。より安定感を高めつつ、つま先を蹴り出す重要な瞬間のエネルギーリターンが最大化されました。

引用:https://mg.runtrip.jp/archives/53238

3代目「ネクスト%」からドロップが11mmから8mmと傾斜がかなり緩やかになり、よりフラットに蹴り出しまでが数段にスムーズになっています。

前モデルと比べて、接地したときの感触にほんとクセがなくなったという評判ですね。さらに改良された、このEKIDEN PACKのエメラルドグリーン&オレンジカラーが加わり、ますますズームX ヴェイパーフライ ネクスト%のシェア率は高くなる一方です!

[quads id=2]

ナイキ ズームフライ3 プレミアム

速さを追求し、かつ耐久性に優れエリートランナーたちがトレーニングなどで使用するモデルです。

メンズランニングシューズ 1カラー

¥18,700(税込)

ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2

ヴェイパーフライ ネクスト%にも使われている『ズームXフォーム』が採用され、長距離トレーニングに適しているモデルです。

メンズランニングシューズ 1カラー

¥20,900(税込)

 ナイキ エア ズーム ペガサス 36

エリートランナーだけではなく一般ランナーなど様々なレベルのランナーに対応し、日々の練習にも適したペガサスシリーズの最新作モデル。

EKIDEN PACKでは、カタカナで『ナイキ』とデザインされています。

メンズランニングシューズ 1カラー

¥14,300(税込)

↓こちらは女性用

ウィメンズランニングシューズ 1カラー

¥14,300(税込)

※『EKIDEN PACK』は、12月3日よりNIKEアプリNIKE.COM、及び一部のNIKE販売店などで販売されています。

[quads id=2]

まとめ

今回は、第96回箱根駅伝で選手たちが履いているピンクじゃない“ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%”について紹介しました。

2019年12月3日にナイキから発売された「EKIDEN PACK」は「第96回箱根駅伝」のランナーをテーマに、ランナーが駆け抜ける日本の山岳風景からインスピレーションを得て制作されました。

シューズはレース本番からトレーニングで着用するモデルまで幅広くカバーされています。

3代目「ネクスト%」から、ドロップが11mmから8mmと傾斜がかなり緩やかになり、よりフラットに蹴り出しまでが数段にスムーズになっています。

前モデルと比べて、接地したときの感触にほんとクセがなくなったという評判ですね。さらに改良された、このEKIDEN PACKのエメラルドグリーン&オレンジカラーが加わり、ますますズームX ヴェイパーフライ ネクスト%のシェア率は高くなる一方です!

記念すべき令和初の箱根駅伝で、一体どんなタイムがたたき出されるのか楽しみですね^^

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする