【教場】南原役の井之脇海wikiプロフィールと学歴や経歴は?子役時代からの作品やCMも

こんにちは!takochiです♪

2020年1月4日・5日の二夜連続で放送される

フジテレビ開局60周年記念特別企画ドラマ「教場」。

番組の制作発表は2019年6月に発表され、待ちに待った放送となります。

木村拓哉さんが、義眼を入れた冷徹な教官を演じるのも話題ですが、その教え子たちも豪華キャストだと話題になりました。

今回は、その教え子の一人、

南原哲久(なんばら・てつひさ)を演じる、井之脇海さんについて

  • プロフィール
  • 学歴
  • 経歴
  • 出演した映画やドラマとCM

について調べてみました!

井之脇 海wikiプロフィール

名前:井之脇 海(いのわき かい)

お名前は本名です。「海」って一文字がなんだか男らしい響きですが、この名の由来は、海の近くで産まれたからだそうです。

生年月日:1995年11月24日(いて座)

血液型:B型

出身地:神奈川県

身長:177cm

特技:ピアノ・タップダンス・陸上

陸上!?って何の種目が得意なのでしょう?

走るのも早そうだし、跳躍力もありそう…。

もしかしたら砲丸投げとか、ハンマー投げ??^^

デビューした年:2006年

ということは、11歳!小学生の頃から芸能活動をされていたのですね〜。

芸能界に入ったきっかけは、

「飼っていた犬とお母さんが病気になってしまい、家の中が重く暗い雰囲気になってしまったとき、“どうしたら家族から構ってもらえるか”を考えたそうです。

そして“芸能界に入ってテレビに出れば家族の注目を集められる!”と思って子役になったとか。

今じゃ家族のみならず、日本中の注目を集めていますよ〜^^

まぁ、そんな幼くて可愛らしい理由で芸能界入りしたとはいえ、順調にテレビやドラマに出演できるようになったのですから、もともと秘めた才能をお持ちだったのでしょうね。

その後、テレビやドラマでの演技を経験していくうちにお芝居の楽しさを知り、

「本格的に役者を目指そう!」という気持ちなっていきました。

[quads id=2]

井之脇海の学歴

井之脇海さんの出身小学校はわかりませんでしたが、出身中学は日出学園です。

そのまま日出高校芸能コースへ進学。

この日出高校は、2019年4月より

目黒日本大学付属高校と、名称が変わっています。

日出高校は元は女子校でしたが、2005年から共学となり、最近ではジャニーズの入学も増えてきているようですね^^

剛力彩芽さんや、染谷将太さん、真田佑馬さんや滝沢カレンさんも日出高校出身です。

他にも毎年、多くの芸能人やスポーツ選手なども卒業しています。

井之脇海さんは高校時代、役者を一筋に目指していたため、大学進学は考えていなかったようですが、懇意にしている香川照之さんに、「大学はでておいたほうがいいぞ」とアドバイスされ進学を決意。

日本大学の芸術学部映画学科に入学しました。

[quads id=2]

井之脇海の経歴

小学生の頃は、劇団ひまわりに所属し、6年生のとき「天才てれびくんMAX」にテレビ戦士として出演していました。

井之脇海さんのデビュー作は、

柳生十兵衛七番勝負-最後の戦い- (NHK2007年4月〜5月)

なんと、時代劇でした。

2008年には映画「トウキョウソナタ」に出演し、ピアノの才能を持った少年を演じ、キネマ旬報賞、新人男優賞を受賞しています。

凄い!13歳で新人男優賞!!

大学進学を勧めてくれた香川照之さんとは、このときの共演依頼、親しくしているみたいです。

その後、コンスタントに映画やテレビ、CMにも出演を続けていますよね^^

[quads id=2]

井之脇海が出演した映画やドラマ、CMまとめ

映画

2019年

「ザ・ファブル」

2018年

「サイモン&タダタカシ」

2017年

「帝一の國」

「海辺の生と死」 隼人少尉役で出演

2015年

「合葬」

2014年

「学校の怪談 呪いの言霊」 満夫役で出演

2013年

「スイートプールサイド」 中山先輩役で出演

2011年

「アナザー Another」

2008年

「トウキョウソナタ」

テレビドラマ

2017年

「宮沢賢治の食卓」 宮沢清六役で出演

2012年

「贖罪」 高野幸司役で出演

2010年

「ジョーカー 許されざる捜査官」

2008年

「シリウスの道」

NHKの朝ドラ「ひよっこ」や「ごちそうさん」、

大河ドラマでは「おんな城主 直虎」「平清盛」にも出演。

10代の頃から演技派として注目されていました。

2019年春には福山雅治さん主演の「集団左遷」で、ちょとサエない銀行員役、

そしてなんと言っても「義母と娘のブルース」で、綾瀬はるかさん演じるアキコの義理の娘みゆきに恋心を寄せるひろきを演じてブレイク!!

みゆき役の上白石萌歌さんとCMで共演していたこともあり、ネットでかなり話題になりました!

CM

そのCMでがこちら!!

ああああーなんかもう、切なくてキュン♡ときます(*´▽`*)

[quads id=2]

まとめ

今回は、2020年1月4日・5日の二夜連続で放送される

フジテレビ開局60周年記念特別企画ドラマ「教場」で、木村拓哉さんの教え子たちの一人、

南原哲久(なんばら・てつひさ)を演じる、井之脇海さんについてプロフィール、学歴、経歴、出演映画やドラマとCMについて調べてみました。

井之脇 海(いのわき かい)さんのお名前は本名です。「海」って一文字がなんだか男らしい響きですが、この名の由来は、海の近くで産まれたからだそうです。

1995年11月24日(いて座)

テレビに出れば家族にかまってもらえるんじゃないか?という幼くて可愛らしい理由で芸能界に入った井之脇海さんです。

テレビやドラマに出演するうちにお芝居の楽しさに気づき、高校生の頃は役者一筋と決め、大学へ進学することも考えてはいなかったそうです。

しかしまだデビュー仕立ての頃「トウキョウノソナタ」で共演し、親しくしていた香川照之さんに、「大学はでておいたほうがいいぞ」とアドバイスされ進学を決意。

日本大学の芸術学部映画学科に入学しました。

多くの作品に出演している井之脇海さんですが、

2019年春には福山雅治さん主演の「集団左遷」で、ちょとサエない銀行員役、

そしてなんと言っても「義母と娘のブルース」で、綾瀬はるかさん演じるアキコの義理の娘みゆきに恋心を寄せるひろきを演じてブレイク!!

みゆき役の上白石萌歌さんとCMで共演していたこともあり、ネットでかなり話題になりました!

2020年、フジテレビ開局60周年記念特別企画ドラマ「教場」で、井之脇海さんが演じる南原哲久は、「人当たりが良く周りには溶け込むが、物に対するこだわりが強く、拳銃マニアという趣味が高じて警官を目指すことになった」という難しそうな役どころです。

どんな南原哲久を演じるのか楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする