中村信子(井村屋社長)wikiプロフィールと経歴は?

こんにちは、takochiです。

井村屋グループ(津市)の中島伸子・副社長(66歳)が

新社長に就く人事が発表されました。

「あずきバー」で有名な井村屋ですが、takochiは

肉まん・あんまんも大好きです(笑)

今回は、笑顔が素敵な中島伸子さんを調査してみました。

中島伸子 プロフィール

中島 伸子(なかじま・のぶこ)

1952年11月8日生まれ

66歳

近畿大豊岡女子短大(現豊岡短大)卒業。

78年井村屋製菓(現井村屋グループ)。

副社長を経て18年4月から副会長。

新潟県出身

趣味は能面作りと水墨画。

井村屋グループ(津市)で、女性のトップ就任は1896年の創業以来初めてです。

同社は多様性を重視した経営改革を進めており、

持続的な成長を図るねらいということで、

これまでの実績を踏まえて中島さんの社長就任が決まったようです。

さらに

なんと中村さんは「アルバイト出身」なんです。

[quads id=2]

中島伸子 経歴

中島さんは、新潟県出身です。

結婚後23歳で、自宅の近所だった

福井営業所でアルバイトとして勤務。

25歳で正社員登用試験を受けて入社しました。

3人の子どもを育てつつキャリアを重ね、

53歳で女性初の執行役員と関東支店長に就任。

その後も女性初の取締役や副社長、副会長を歴任してきました。

  • 1978年11月 井村屋製菓株式会社(現井村屋グループ株式会社) 入社
  • 1998年4月 北陸支店長
  • 2003年4月 関東支店長、執行役員
  • 2008年4月 上席執行役員
  • 2008年6月 取締役
  • 2011年6月 常務取締役
  • 2013年6月 専務取締役
  • 2017年4月 代表取締役副社長
  • 2018年4月 代表取締役副会

入社前のアルバイトだった頃から数えると

43年間も「おいしい!の笑顔をつくる」(井村屋企業理念)

に努めたのですね。

中島さんは、豊富なアイデアの持ち主で

小豆を使った食文化を残そうと、

毎月1日を「あずきの日」にするキャンペーンを提案したそうです。

三人のお子さんを育てながら、管理職を歴任し

単身赴任の経験もあるということです。

限られた時間の中で、家事・育児・仕事をこなし

ここまで進んでこられた中島さんを

支えていたのは一体何だったのでしょう?

中島さんは、20歳の時に

北陸トンネル列車火災事故に遭遇しました。

目の前に3人の幼子を連れたお母さんが座っていましたが、

亡くなったことを入院中に知りました。

なぜ自分は生き残ったのか――。

何も手につかない日々が続いている時、父から手紙が届きました。

「生きていくことが亡くなった人への恩返しになる」と。

置かれた場所で一生懸命にやれば社会に役立てる。

そう、気づいたそうです。

[quads id=2]

まとめ

中島さんの経歴を調べていくうえで

井村屋グループの人事理念

を拝見させていただくことができました。

そこには

企業として期待される人材像は

「甘えない・逃げない・他人事にしない」

と書かれていました。

中島さんは、まさにこの通りの方なのでしょうね。

新社長のこれからのご活躍に期待します。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする