ジョン・マカパの戦績(成績)やwikiプロフィールは?ファイトスタイルや得意技も調査

こんにちは!takochiです♪

2019年大晦日のRIZIN。今年も熱い戦いが期待されそうです。

何といっても朝倉未来選手 Vs ジョン・マカパ選手の試合は、RIZIN Vs ベラトールの大将戦です。

大将である朝倉選手の登場までに、戦況がどういう展開になっているかにもよりますが、RIZINの勝利が朝倉選手にかかっている!という状況であれば、さらなる熱戦となるはずです!

ベラトールの大将、ジョン・マカパ選手とはどんな選手なのでしょう?

今回は、2019年12月31日のRIZIN20で朝倉未来と対戦するジョン・マカパ選手について

  • 戦績(成績)
  • wiki風プロフィール
  • ファイトスタイル
  • 得意技

をまとめてみました!

ジョン・マカパの戦績(成績)

ジョン・マカパ選手は、アメリカの総合格闘技団体『Bellator(ベラトール)』で活躍しているブラジル人ファイターです。

戦績は29戦 23勝 4敗 2引き分け(2019年12月3日現在)

5回のKO勝ちと、10回のサブミッションによる勝利を含みます。

ジョン・マカパ選手のプロデビューは、2007年に母国”ブラジル”で開催された『ドラゴン・ファイト・チャンピオンシップ』。

デビュー後いきなり4連勝を飾り、注目された選手です。

その後、『1引き分けを挟むも、さらに8連勝』という素晴らしい戦績を挙げました。

この戦績を持って総合格闘技のメジャー団体UFCの選手契約を目指す大人気リアリティーショー番組、「ジ・アルティメット・ファイター ブラジル」に出演。

しかし残念ながら2戦目に敗退してしまい、契約のチャンスを逃してしまいます。

リアリティーショー番組内での契約はのがしたものの、この試合でのパフォーマンスを認められ、なんとUFCとの契約を掴み、ついにデビューを果たします^^

ところが、UFC契約後の初戦で計量に失敗。試合も判定2-1の末に敗れ、わずか1試合で契約を解除されてしましました。

厳しい世界ですよね。待ったなしなんですね。

せっかく手に入れたチャンスをスルーしてしまったジョン・マカパ選手ですが、その後もブラジルのローカル大会や、他団体で実績を積み、2014年10月10日、UFCに並ぶ北米MMAプロモーションであるベラトールデビューします。

ベラトールでは、デビュー後4連勝を飾るも、トップファイターのダニエル・ベイケル選手、フェザー級王座に輝いた事も有るパットカラン選手、未だ無敗のAJ・マッキー選手に敗北してしまいます。

調子を落としたように見えましたが、近年は2連勝し、結果は9戦6勝3敗の成績です。

こうして数字だけ追うと、トータルで4敗しているのですが、ジョン・マカパ選手に勝った相手は、どの選手もチャンピオンクラスのハイレベルな選手やUFCの選手ばかりです。

はっきり言ってジョン・マカパ選手は強敵です。

フェザー級では世界トップレベルの選手といっても過言ではありませんね。

[quads id=2]

ジョン・マカパwikiプロフィール

本名     ジョン・テシェイラ(John Teixeira)
ニックネーム マカパ
出身地    ブラジル アマパー州マカパ
生年月日   1986年11月18日(33歳)
身長     170㎝
試合体重   65.7kg(フェザー級)

ジョン・マカパ選手はブラジルの北部にあるアマパー州マカパの出身で、本名は「ジョン・テシェイラ」と言います。

「マカパ」は、ニックネームなんですね^^。

出身地であるアマゾンの河口にある、町の名前からつけたようです。

所属ジムはブラジルの名門ジム『ノヴァ・ウニオン』です。

[quads id=2]

ジョン・マカパのファイトスタイル

実はジョン・マカパ選手は『柔術黒帯』というの寝技の実力者です。

力強い打撃も放つMMA(総合格闘技)ファイターです!!

ブラジルの名門ジム『ノヴァ・ウニオン』の所属選手であることは、プロフィールでも書きましたが、このノヴァ・ウニオンとは、柔術をベースとした総合格闘技のジムなのです。

元UFC ライト級王者の”BJ・ペン”選手や、8年間無敗だった、元UFC フェザー級王者の”ジョゼ・アルド”選手等を輩出している、超名門ジムなんです!

ノヴァ・ウニオンの選手の特徴は、アグレッシブにパンチを打ちながら、どんどん前へでていくスタイルであることです。

柔術をベースとしてトレーニングしているわけですから、ノヴァ・ウニオンの選手たちは、

寝技に自信があるのです。

寝技へ持ち込まれることに対して恐怖が少ない分、打撃で積極的に前に出れるのです。

ジョン・マカパ選手も例外ではありません。

強力な寝技を持ちながら、スタンドで非常にアグレッシブにパンチを繰り出してきます!

また、ジョン・マカパ選手の打撃には、とてつもない爆発力があります!!

ガードをあげながら、打撃でガンガン前へでていく。

Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!

重いローキックなどの蹴りも混ぜながら、相手へ圧力をかけ続け、

『左右のパンチからのアッパーや、ボディへの膝、ミドル、追撃の跳び膝、バックハンドブロー、右ハイッキック』など多彩な打撃を繰り出します!!

恐ろしいほどのアグレッシブな攻撃力です。

[quads id=2]

ジョン・マカパの得意技

スタンドでのアグレッシブさが目立つジョン・マカパ選手ですが、なんと言っても彼の強さの根底にあるのはノヴァ・ウニオン仕込みの柔術です!

キャリア初期の勝利は、寝技での一本勝ちが多く、得意技は『腕ひしぎ十字固め』。

プロ転向後には腕ひしぎ十字固めで4連勝を飾っています。

他にも、『リアネイキッド・チョーク』『ギロチン・チョーク』『肩固め』などの絞め技も得意としています。

加えてジョン・マカパ選手は、直近の試合(2019年9月)では、打撃で試合の流れを作り、最後はパウンドの連打によりテクニカルノックアウト勝利を収めています。

スタンドよし、寝てもよしのトータルファイター相手に、朝倉選手がどう戦うのか注目です。

[quads id=2]

まとめ

今回は、2019年12月31日のRIZINで朝倉未来選手と対戦するジョン・マカパ選手について、戦績(成績)、プロフィール、ファイトスタイル、得意技をまとめてみました。

ジョン・マカパ選手のプロとしての戦績は29戦 23勝 4敗 2引き分け。

数字だけ追うと、トータルで4敗しているのですが、ジョン・マカパ選手に勝った相手は、どの選手もチャンピオンクラスのハイレベルな選手やUFCの選手ばかりです。

ジョン・マカパ選手はブラジルの北部にあるアマパー州マカパの出身で、本名は「ジョン・テシェイラ」。

生年月日は1986年11月18日、33歳です。

柔術をベースとした総合格闘技のジムであるノヴァ・ウニオンに所属し、『柔術黒帯』というの寝技の実力者でもあります。

さらにジョン・マカパ選手は、スタンドでも非常にアグレッシブにパンチを繰り出し、直近の試合(2019年9月)では、打撃で試合の流れを作り、最後はパウンドの連打によりテクニカルノックアウト勝利を収めています。

立っても寝てもよしの、トータルファイター。

はっきり言ってジョン・マカパ選手は強敵です。

フェザー級では世界トップレベルの選手といっても過言ではありませんね。

朝倉未来選手 Vs ジョン・マカパ選手の試合は、RIZIN Vs ベラトールの大将戦です。

大将である朝倉選手の登場までに、戦況がどういう展開になっているかにもよりますが、RIZINの勝利が朝倉選手にかかっている!という状況であれば、さらなる熱戦となるはずです!

大晦日の熱い戦いに期待しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする