ノニト・ドネアの戦績とパンチ力や左フックの特徴は?獲得賞金とWBSSの優勝賞金も調査

こんにちは!takochiです^^

2019年11月7日(木) 18:30から、

WBSS(ワールドボクシング・スーパーシリーズ)バンタム級決勝が「さいたまスーパーアリーナで」開催されますね!

真のバンタム級世界一を決めるWBSS決勝戦です。

日本ボクシング界の至宝井上尚弥は準々決勝、準決勝の2試合を合計わずか3ラウンドで終わらせ圧倒的な強さで勝ち上がってきました。

対する元5階級制覇王者のドネアも連続KOでコマを進めてきています。

takochiはもちろん井上尚弥選手を応援していますが、ドネア選手の戦績や実力、獲得賞金額も気になりました。

また、WBSSの決勝戦で勝った場合の優勝賞金は一体いくらなのでしょう?(*´艸`*)

今回は、ノニトドネア選手の

  • 戦績
  • パンチ力や左フックの特徴
  • 獲得賞金

と、

  • WBSSの優勝賞金

について調べてみました!!

ノニトドネアの戦績とwikiプロフィール

ノニトドネア戦績

戦順対戦日勝敗ラウンド内容対戦相手国籍備考
12001/2/221RKOホセ・ラサロ米国プロデビュー戦
22001/3/105R判定
0-3
ロセンド・サンチェス米国
32001/6/84R判定
3-0
サウル・サントーヤ米国
42001/7/31RTKOホセ・ルイス・トーレスメキシコ
52002/5/312RTKOノエ・アルマフィリピン
62002/9/12RKOカイチョン・ソー・ウォラピンタイWBOアジア太平洋フライ級王座決定戦
72002/11/28R判定
3-0
マーク・サレスフィリピン
82003/6/271RTKOホルヘ・ロペスメキシコ
92004/6/184RTKOリカルド・バレラメキシコ
102004/11/128R判定
3-0
ヒルベルト・ムニョスメキシコ
112005/5/136RTKOパウリノ・ビジャロボスメキシコ
122005/7/26R判定
3-0
ラリー・オルベラ米国
132005/10/11RKOダニエル・ゴンサレスメキシコ
142005/11/58R判定
3-0
イルド・フリオコロンビア
152006/1/2010R判定
2-1
カレン・ハルツニャンアルメニアNABF北米スーパーフライ級王座決定戦
162006/7/292RTKOホセ・ルイス・カルデナスメキシコ
172006/10/712R判定
3-0
オスカル・アンドラーデメキシコ
182007/5/121RTKOケビン・ハギンズ米国
192007/7/75RTKOビック・ダルチニアンオーストラリアIBF世界フライ級タイトルマッチ
202007/12/18RTKOルイス・マルドナドメキシコIBF防衛
212008/11/16RTKOモルティ・ムザラネ南アフリカ共和国IBF防衛
222009/4/194RTKOラウル・マルチネス米国IBF防衛
232009/8/1512R判定
3-0
ラファエル・コンセプシオンパナマWBA世界スーパーフライ級暫定王座決定戦
242010/2/133RKOマヌエル・バルガスメキシコ
252010/7/108RTKOエルナン・マルケスメキシコ>WBA防衛
262010/12/44RKOウラジミール・シドレンコウクライナWBCアメリカ大陸バンタム級王座決定戦
272011/2/192RTKOフェルナンド・モンティエルメキシコWBC・WBO世界バンタム級タイトルマッチ
282011/10/2212R判定
3-0
オマール・ナルバエスアルゼンチンWBC防衛・WBO防衛
292012/2/412R判定
2-1
ウィルフレド・バスケス・ジュニアプエルトリコWBO世界スーパーバンタム級王座決定戦
302012/7/712R判定
3-0
ジェフリー・マゼブラ南アフリカ共和国IBF・WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦
312012/10/139RTKO西岡利晃(帝拳)日本WBO防衛・WBCダイヤモンド王座リングマガジン認定王座獲得
322012/12/153RKOホルヘ・アルセメキシコWBO防衛
332013/4/1312R判定
0-3
ギレルモ・リゴンドウキューバWBA・WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦
342013/11/99RTKOビック・ダルチニアンオーストラリア
352014/5/315R負傷
判定
3-0
シンピウィ・ベトイェカ南アフリカ共和国WBAスーパー・世界フェザー級タイトルマッチ
362014/10/186RKOニコラス・ウォータースジャマイカWBA
世界フェザー級王座統一戦
372015/3/282RTKOウィリアム・プラドブラジルNABF
北米スーパーバンタム級王座決定戦
382015/7/182RTKOアンソニー・セトゥルフランス
392015/12/1112R判定
3-0
セサール・ファレスメキシコWBO世界スーパーバンタム級王座決定戦
402016/4/233RTKOゾルト・ベダクハンガリーWBO防衛
412016/11/512R判定
0-3
ヘスス・マグダレノ米国WBO陥落
422017/9/2310R判定
3-0
ルーベン・ガルシア・エルナンデスメキシコWB世界フェザー級シルバー王座決定戦
432018/4/2112R判定
0-3
カール・フランプトン英国WBO世界フェザー級暫定王座決定戦
442018/11/34RTKOライアン・バーネット英国WBAスーパー世界バンタム級タイトルマッチ
452019/4/276RKOステフォン・ヤング米国WBA防衛

2001年にプロデビューして依頼、2019年4月のWBA防衛まで45戦を戦っていますが、負けたのはたったの5試合だけです。

戦績「45戦40勝(26KO)5敗」で世界5階級制覇した王者であり、主要4団体(WBA・WBC・IBF・WBO)の全てで世界王者となったベテランボクサーなのです。

負けた5試合も、4試合が判定負けでKOは1回のみ!(@_@;)

さすが「伝説のボクサー」と言われるだけのことはありますね。

ノニトドネアwikiプロフィール

本名:ノニト・ドネア・ジュニア

生年月日:1982年11月16日 36歳

身長:169cm

リーチ:173cm

少年時代は気弱で病弱だったことが原因で、自殺を考えるほどの酷いいじめを周囲から受けており、いじめ対策とボクシングをやっていた兄グレン・ドネアの影響でボクシングを始めた。

引用:Wikipedia

生きている価値や理由がわからなくなるほど酷いいじめだったようです。

もちろん、いじめは許されることではアリませんが、世界一のボクシング選手となるきっかけとなったのです。人生、ハングリーじゃなきゃいけませんね。

[quads id=2]

ノニトドネアのパンチ力や左フックの特徴

ノニトドネアのパンチ力

破壊力が半端ない…。

まともに食らったら、あばら粉々です。

ノニトドネアの左フックの特徴

ドネアといえば必殺の左フックですね。

ドネアの公開練習を偵察に行った大橋秀行会長は、「やはり左フック、左アッパーが強烈。年齢を重ねるとパワーもスピードも落ちるが、経験を積みカウンターのタイミングの精度が上がってくるのでそこが怖い。」

と、ドネアの仕上がり状態に警戒の色を見せています。

引用:https://boxmob.jp/sp/news/index.html?nid=24523

ドネアは、オーソドックスでもサウスポーでも切り替えて戦うことができるスイッチヒッターという構えが武器です。

もともと左フックの破壊力とスピードは桁違いで、数々の相手からカウンターを取り、意識を刈り取ってきました。

スピードも「閃光(一瞬で放たれる強烈な光)」に例えられるほど速く、スピードに自信を持つ井上尚弥さんよりも速いかもしれないという声もあります。

さらに経験を積んだバランスの良さと、角度を変え斜め下から突き上げるような左フック、左アッパーに、今回の試合では要注意です。

[quads id=2]

ノニトドネアの獲得賞金

2012年10月WBO防衛・WBCダイヤモンド王座リングマガジン認定王座獲得では75万ドル(約7500万円)。

2012年12月15日、元5階級制覇王者でWBO世界スーパーバンタム級1位のホルヘ・アルセ(メキシコ)と対戦。WBO王座の3度目の防衛に成功し、100万ドル(約1億円)。

2013年4月WBA・WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦では132万ドル(約1億3千万円)。

2016年11月5日、ヘスス・マグダレノ戦で、40万ドル(約4500万円))。

記事となり、確実にわかっている4試合だけでも合計3億5千万円ですから、これまでの45試合分のファイトマネーの合計は…想像がつかない金額になりますねー。

[quads id=2]

WBSSの優勝賞金

2018年10月から、約1年がかりで迎えた決勝戦。

勝利者には、一体いくらのファイトマネーが入るのでしょう?

WBSS優勝者にはトロフィーのモハメド・アリ杯と賞金が授与されます。

また、ボーナス的な位置付けで、世界ボクシング評議会(WBC)からWBCダイヤモンドベルトが贈呈されます。

決勝進出までに選手が手にした金額は、軽量級では破格となる1億円超えと言われており、また、バンタム級優勝者には決勝だけでファイトマネーと賞金を合わせて1億円が獲得できるといいます。

なので、アリ・トロフィーを手にした優勝者には、総額2億円もの賞金が入ることになるのです。

もちろんこの金額は、関係団体や所属ジムでの分配となるでしょう。しかし凄い金額ですね。

[quads id=2]

まとめ

今回は、ノニトドネア選手の戦績、パンチ力や左フックの特徴、獲得賞金と、WBSSの優勝賞金について調べてみました!!

戦績は「45戦40勝(26KO)5敗」で世界5階級制覇した王者であり、主要4団体(WBA・WBC・IBF・WBO)の全てで世界王者となったベテランボクサーなのです。

負けた5試合も、4試合が判定負けでKOは1回のみ!(@_@;)

さすが「伝説のボクサー」と言われるだけのことはありますね。

破壊力抜群のパンチ力に加え、経験を積んだバランスの良さと、角度を変え斜め下から突き上げるような左フック、左アッパーに、今回の試合では要注意です。

ドネア選手のこれまでの獲得省金額は、記事となって確実にわかっている4試合だけでも合計3億5千万円ですから、これまでの45試合分のファイトマネーの合計は…想像がつかない金額になります。

WBSSでの賞金は、アリ・トロフィーを手にした優勝者には、総額2億円もの賞金が入ることになっているようですが、もちろんこの金額は、関係団体や所属ジムでの分配となるでしょう。しかし凄い金額ですね。

是非、歴史に残るような名勝負を見せてほしいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする