作新学院野球部の小針崇宏監督の経歴と実績は?プロフィールと指導法も紹介!

こんにちは!takochiです♪

今年も夏の甲子園大会が始まりました。猛暑の中、選手たちの熱い戦いに目が離せません!

令和初の、夏の大会で優勝旗を手にするのは、どこのチームなのでしょう!?

今回は、9年連続で甲子園出場を果たした、強豪作新学院の小針崇宏監督について

  • 経歴
  • 実績
  • プロフィール
  • 指導方法

をまとめてみました!

作新学院野球部 小針崇宏監督のプロフィール

小針 崇宏(こばり たかひろ)

生年月日:1983年6月22日生まれ (2019年現在36歳)

出身地:栃木県宇都宮市

出身高校:作新学院高校 もちろん野球部でした。

筑波大学へ進学し、保健体育教諭となり母校の作新学院野球部監督を努めています。

36歳かぁ…若いですね。しかし大学を卒業し、教員として母校に就任した2006年の秋には、すぐに野球部監督を任されていますから、監督歴はかれこれ13年にもなります。

高校野球界きってのイケメン監督としても評判です^^

[quads id=2]

作新学院野球部 小針崇宏監督の経歴

作新学院野球部時代は、2000年に春の選抜に出場しベスト8でした。

しかしその年の夏の大会は、地区大会決勝で破れ甲子園出場は逃しています。

筑波大学へ進学したのは「将来は母校で指導者になりたい」という想いがあったから。

高校時代は野球だけでなく勉強面でも優秀で、校内で最も優秀なクラスに在籍していました。

信念を貫く、努力の人なのでしょうね…。

そして2006年想いを遂げ母校に赴任し、その年の秋に野球部監督に就任したのです。

[quads id=2]

作新学院野球部 小針崇宏監督の実績

作新学院は江川卓投手の出身校としても有名ですが、1962年に甲子園春夏優勝を果たし、大会出場も何度かしていたものの、1978年以降は全く甲子園へ出場を果たせていませんでした。

小針監督が就任した3年後の2009年、31年ぶりに出場したのです。そして、その後2011年の夏から9年連続して出場!!まさに小針監督の指導の賜物なのです。

2017年、2018年と一回戦敗退が続いてしまいましたが、今年久しぶりに初戦を突破!勢いが付いている作新学院です!

「選手に勝たせてもらった」

あ〜もう!監督の人柄がわかる、素晴らしい一言です!

[quads id=2]

作新学院野球部 小針崇宏監督の指導方法

就任たった3年で選手たちを甲子園に導き、さらに9年間連続で甲子園出場を果たす、小針監督の指導方法とは一体どんなものなのでしょう?

技術は体が覚える。

「準備と覚悟」

これは小針監督が、本から得た教訓です。

<1>日本一の富士山を登る

<2>栃木県の男体山を登る

<3>近所の山を登る。

「人間の1歩はそんな変わらない。同じ1歩」。何が違うのか。

近所の山なら今からすぐ行ける。

栃木県の山だったら水分をもって行けばいい。

ただ、富士山に登るには命がけ、準備には何カ月もかかる。道、降り方、気候、頂上の温度などの調べも必要。1歩間違えれば死ぬ。

「そういう覚悟、日々の準備が違う。そういうのが野球も一緒」。

「1年目は栃木一の山、2年目は関東一の山、3年目は日本一の山」。

長期計画の必要性を説く。「野球なんて全然教えていない」と言い切る監督は、準備と覚悟を備え、自ら考える選手を育てることが、強さにつながると考えているのです。

引用 https://www.nikkansports.com/baseball/column/techo/news/201907300000433.html

選手の自主性を重んじるということですね。

強いチームの監督さんたちは、言い方は違ってもほとんどの監督が「選手の自主性」を育てると発言しています。

敦賀気比の東監督も、

選手には自分で気づかせて、能力が伸びる方向へ持って行く。

努力と継続の必要性を伝えている。

と話していました。

自ら考える、自分で気付く

これがなかなか、簡単にできないことなのでしょうね。

[quads id=2]

まとめ

今回は、9年連続え夏の甲子園に出場を果たし、初戦を突破した作新学院野球部小針監督のプロフィール、経歴、実績と指導方法についてまとめてみました。

作新学院野球部出身の小針監督は、将来は母校で指導者になりたいと筑波大学へ進学し、2006年想いを遂げ母校に赴任し、その年の秋に野球部監督に就任しました。

まだ36歳という若さですが、監督歴は既に13年です。

小針監督が就任した3年後の2009年には甲子園出場を果たし、その後2011年の夏から9年連続して出場し続けています。

作新学院を強豪に育て上げた小針監督の指導方法は、「準備と覚悟」。

準備と覚悟を備え、自ら考える選手を育てることが、強さにつながると考えているのです。

今年の作新学院は、ベンチ入りした全員が栃木出身という地元密着のチームです。是非、令和初の優勝旗を手にしていただきたいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする