パンデミック「備蓄日用品リスト」で準備と対策!今後2週間を乗り切るために必要なものは?

こんにちは!takochiです。

毎日コロナウィルス感染拡大について、報道がされていますね。

国内では、まだ感染者が出ていない県や市町村もありますが、さらなる感染拡大は時間の問題でしょうね。

子供は感染しても発症しづらいと言われていましたが、実際は感染後に発症されたお子さんもいらっしゃいます。

亡くなってしまう方は高齢者だったり、既往疾患がある方…いわゆる基礎体力や免疫力が弱っている方との報道もありますが、今後どうなるかはわかりません。

実のところ、takochiはさほど危機感を感じていなかったのですが、先日勤務する会社から

「おそらくパンデミックとなるのは必至。およそ1ヶ月分の日用品や食料品の備蓄を心がけるように」との通達がありました。

え〜っ!!Σ(゚∀゚ノ)??

と、思ったtakochiは危機感なさすぎなのでしょうか…。

会社からの通達には「中国では既にコロナウィルス倒産が出ており、ウィルス対策での銀行融資申し込みも始まっている」と続いていました。

デマ情報だ!という修正情報もありましたが、トイレットペーパーが完売したという地域もあります。

政府の対策・対応は後手後手と言われている中、私達はどう対応し何を準備したらいいのか考えてみました。

この記事では、新型コロナウィルスがパンデミックになると予想した上で、

  • 何を備蓄したらいいのか(リスト)
  • どう対応したらいいのか(対策)

について書いています。

決して不安感を煽るためではなく、客観的かつ冷静にどう行動するのがいいのかを書いていますので、皆様の、何かの参考になればと思います。

パンデミックって何?

パンデミックとは、ある病気(感染症・今で言う新型コロナウィルス)が国中あるいは世界中で流行することです。引用:Wikipedia

ある感染症(特に伝染病)の「顕著な感染や死亡被害が著しい事態を想定した」世界的な流行、「世界流行」という表現もされています。

死亡被害が著しい事態…とは何を基準にして著しいと考えたらいいのか不明です。

政府発表はまだありませんが、言葉での表記上では新型コロナウィルスの感染拡大は、もはやパンデミックなのだと言えるのかもしれません。

新型コロナウィルスがパンデミックに?何を備蓄したらいいのか?

では、何を備蓄したらいいのでしょうか?

中国では都市の封鎖が行われており、たとえ国内であっても自由に行き来できない状態にあるようです。

追記1:アメリカでも感染者数が拡大しているため、州や都市ごとに完全封鎖が行われています。

ヨーロッパでは不要不急で外出してしまった場合、罰金が課せられる国も出てきました。

日本政府がそこまでの対策を国内でするとはまだ考えにくいですが、万が一、自由往来の自粛指示がなされた場合、まず最初に流通が止まると考えられますね。

実際、流通が止まることはないと政府は発表していますが、人の不安は大きくなってしまいます。

「都市封鎖・自由往来の自粛養成、もしくは自粛指示」と報道された途端に、人々は生活必需品を買い求めるようになりますよね。

先の見えない将来への不安は「備える」ことに集中します。

あっといいうまにパニック&商品争奪戦が始まりますよね^^

「何ヶ月置いても腐らないもの」は購入しておいたほうがいいかもしれません。

例えば

  • 乾麺
  • 缶詰
  • 冷凍食品
  • インスタント食品
  • 飲用水
  • ティッシュやトイレットペーパーなど消耗品
  • 紙おむつ
  • ペットの餌やトイレシート
  • 洗剤
  • アメニティグッズ
  • 生理用品
  • 常備薬
  • 必要な処方薬

※CDCが新型インフルエンザ流行時に発表した

「パンデミック・インフルエンザ 個人&家族向けチェックリスト」(PDF)には、2週間ほどの備蓄が必要と書かれています。http://www.nscjapan.com/familyCL.pdf

コロナウイルスの沈静化にも「最低2週間が必要」と言われていますから、指針として参考になると思われます。

takochiは、所属する会社からの通達を素直に受け取り、スーパーに買い出しに出かけてみて感じたのですが、

2月24日現在、既に「備える」買い物をしている人はチラホラいたんです。

家族ぐるみでカートを何台も押して、それぞれのカゴに備蓄用品を満載に詰め込んでいました。

これは2020年2月24日現在、ほんの数組でしたが危機感を持って行動している方がいるのは事実です。

まあ、パンデミックにならなければ、それに越したことはありません。

暖かい季節になり、終息に向かえば言うことなしです。いや、向かってほしいです!

でも、先手必勝!できる準備はしておいたほうがいいに決まっています。

新型コロナウィルスがパンデミックに。対策は?

政府や厚労省などの、公的機関からの発表にアクセスして情報を得ることは、とても重要なことだと思います。

がその一方で、メディアで報道される、新型コロナウィルスに関する情報は、客観的にかつ冷静に受け止める必要があるのではないでしょうか。

2011年の東日本大震災が発生した時、政府は「直ちには影響ない」と発表しました。

政府の立場に立って考えれば、日本国内がパニックになることだけは避けなければばなりません

今回の新型コロナウィルス感染拡大についても同様で、国民のパニックを避けるために、政府が何かしらの方向へ誘導しようとしているかもしれないということを、ちょっとだけ意識しておく必要があると思います。

takochiの母が

「オイルショックのときはトイレットペーパーを買い漁った」

「大きな地震があって、電気が止まったときも灯油式ストーブを買った」

「2000年問題のときも、ガスボンベやら水やら用意した」

でも、結局何も起きなかった…と笑って話します。

全て、「踊らされた」といった感じが否めないと言います。

無駄ボネだったのか?と笑い話にしてしまえばそれで終わりですが、少なくとも母の備蓄のおかげで、家族は大きな不安もなく、それぞれの危機を乗り越えてきました。

大切なのは、できる準備はしたという満足感と安心感を持つことですよね。

備えは必要ですが、100%の備えなんてありえません。

あとは、国立感染症研究所のウェブサイトに掲載される一次情報を、常に確認することです。

⇛国立感染症研究所公式サイト

このサイトでは、時系列で感染状況を公開しています。

この情報や、政府の発表・ニュースからの情報を加味し、どのような行動を取るのかは自己責任です。

まとめ

今回は、新型コロナウィルスがパンデミックになると予想した上で、

  • 何を備蓄したらいいのか(リスト)
  • どう対応したらいいのか(対策)

について書いてみました。

「何ヶ月置いても腐らないもの」は購入しておいたほうがいいかもしれません。

  • 乾麺
  • 缶詰
  • 冷凍食品
  • インスタント食品
  • 飲用水

  • ティッシュやトイレットペーパーなど消耗品

  • 紙おむつ
  • ペットの餌やトイレシート
  • 洗剤
  • アメニティグッズ
  • 生理用品
  • 常備薬
  • 必要な処方薬

※CDCが発表している「パンデミック・インフルエンザ 個人&家族向けチェックリスト」(PDF)には、2週間ほどの備蓄が必要と書かれています。http://www.nscjapan.com/familyCL.pdf

とりあえず、飲料水とトイレットペーパーはあると安心ですね^^

ペットがいる家庭ではペット用のトイレシートは必需品だと思います。

パンデミックにならなければ、それに越したことはありません。

暖かい季節になり、終息に向かえば言うことなしです。いや、向かってほしいです!

でも、できる準備はしておいたほうがいいに決まっています。

また、国民のパニックを避けるために、政府が何かしらの方向へ誘導しようとしているかもしれないということを、ちょっとだけ意識しておく必要があると思います。

大切なのは、できる準備・対策はしたという満足感と安心感を持つこと。

そして政府の発表・ニュースからの情報を加味し、どのような行動を取るのかは自己責任であることを理解しなくてはなりません。

とはいえ、早くコロナウィルスの終息を願い、安心して生活したいですよね…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする