明日海りおの実家が金持ちな理由とは?花組トップの年収と自宅マンションの家賃も調査!!

こんにちは。

一生に一度は宝塚の舞台を劇場で見てみたいtakochiです。

明日海りおさん(宝塚花組トップスター)が、2019年11月24日を最後に宝塚を退団することを発表しましたね。退団後についてのスケジュールや予定については、何も発表されていません。

このニュースを見ていてtakochiは「次のお仕事どうするんだろう?」「仕事が決まるまで、どうやって生活するんだろう…」「収入は…?」と、貧乏人の脳で考えてしまいました。

大スターなのですから、それなりの収入はおありでしょう^^

退団したからといって、すぐに生活に困るわけがありません(*´Д`)

気を取り直して、明日海りおさんの年収や、実家の環境とご自宅の家賃など調査してみました!!!

明日海りおさんの実家がお金持ちな理由

宝塚音楽学校の入試の倍率は25倍前後と言われています。

そこに合格するためには日頃から歌や踊りの本格的なレッスンが必要です。

入学が決まる前から、多くの習い事のためにかなりの費用がかかるといっても過言ではありません。

また、晴れて合格したあとも、入学費用に20万円、教育施設費25万円、雑費3万円をまず入学時に納付。学費は月額5万円(2年で120万円程度)。

その他、修学旅行等の積立金が月2万円、自宅から通学できない生徒は月額1万5000円の入寮費など、何かとお金がかかります。

音楽学校に入学後も、それぞれ自分の実力を磨くために個人レッスンに通います。

卒業して研究生になるとメイク用品やかつら、舞台で付けるアクセサリー等は全て自前で用意しなければならなくなります。

研究生には阪急電鉄の社員としてお給料が渡されますが非公表です。

ファンの間では月額18万ほどではないかと言われており、本当であれば親からの仕送りが無いと生活するだけで一杯です。

音楽学校へ通わせている間の学費や研修生となってからの仕送りなどを考えると、宝塚女優の親御さんは、少なくても1000万円以上の年収があるのでは?と言われています。

簡単に年収1000万!と書きましたが、音楽学校へお子さんが入学するのは中学卒業後の15歳です。15歳のお子さんの親って、まだお若い方が多いのではないでしょうか?

若くても年収が十分ある家庭で育っている…結果、お金持ちのお嬢様が多いということですね。

実際、宝塚女優の親御さんの職業は医者や弁護士、一流商社マンなどが多いそうです。

明日海りおの年収は?

宝塚女優(タカラジェンヌ)の推定年収を調べてみました。

宝塚歌劇団の男役のトップスターになれば年収は数千万円と言われます。
1回の公演ではおよそ100万円の収入があり、さらに男役のトップスターともなればグッズの売上や企業のスポンサーが付いたり、ファンクラブが結成されさまざまなプレゼントや差し入れがあります。
また、明日海さんのようにCM出演などもされていれば、数百万円のギャラも入ります。

しかしこの情報は公表されている数字ではなく、あくまでも推定です。

明日海りおの自宅マンションと家賃

宝塚女優(タカラジェンヌ)は入団時から研5まで「すみれ寮」で生活することができます。阪急電鉄社員としていられる学年をすぎると退寮し、自分でマンション住まいをしなくてはなりません。

トップクラスになると、劇場から少し離れたところに住む方が多いようですが、FC(ファンクラブ)代表・スタッフによるお車での送迎があるので、そう遠くに住んでいるわけではないようです。

明日海さんのご実家は静岡ですから、宝塚では一人暮らしと考えられます。セキュリティなどの面も考慮すると高級マンションにお住まいなのではないでしょうか。

宝塚市と近郊の物件事情

宝塚市は閑静な高級住宅街です。

一般的なマンションでも、賃貸だと最低15万以上の家賃がかかります。

セキュリティ万全で、ファンの方による送迎の時に目立たないように…と、いろいろ条件を満たしていくと月額家賃は20万円以上になります。( ゚Д゚)!

またまた貧乏人の脳で家賃20万円に驚いてしまいましたが、年収数千万なのであればお安い価格でしょうね。

もしかしたら、そもそも賃貸ではないのかもしれません

まとめ

今回は、明日海りおさんのご実家がお金持ちな理由と、明日海さんの推定年収や自宅家賃について調べました。

しかし、どの資料を調べてみても公表されている数字ではないため、あくまでも推定の数字ばかりでした。

タカラジェンヌは夢を売る仕事ですから、俗世間的なことは一切『すみれコード』として隠されています。

今後退団されてから、徐々に公表されていくのを楽しみにしたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする